黒でキメた「ワゴンR」の特別仕様車、発売

2010.11.25 自動車ニュース

黒でキメた「ワゴンR」の特別仕様車、発売

スズキは、軽乗用車「ワゴンR/ワゴンRスティングレー」に特別仕様車「ワゴンR リミテッド/ワゴンRスティングレー リミテッド」を設定し、2010年11月25日に発売した。

今回発売されるのは、1993年9月に誕生した「スズキ・ワゴンR」の販売台数が(2011年1月までに)350万台に達することを記念した特別仕様車だ。

「ワゴンR リミテッド」は、装備充実の「FXリミテッド」をベースに、ガンメタリックの14インチアルミホイールやルーフアンテナなどを採用。インテリアは、シート表皮からインストゥルメントパネル、ドアトリム、ドアクロスに至るまで黒で統一される。

価格は、121万8000円(FF/4AT)から136万7100円(4WD/CVT)まで。

「ワゴンRスティングレー リミテッド」は、「X」をベースに、ブラックメッキのフロントグリルとヘッドランプ、ガンメタリックのアルミホイールでドレスアップ。ボディカラーは特別色「バタフライバイオレットメタリック」を含む全6色が設定される。
室内も各所が青いイルミネーションで飾られ、専用のシート表皮やオートライトシステムが与えられている。

価格は、126万5250円(FF/4AT)から141万4350円(4WD/CVT)まで。

(webCG 関)

「ワゴンR リミテッド」
「ワゴンR リミテッド」 拡大
黒で統一された「ワゴンR リミテッド」のインテリア。
黒で統一された「ワゴンR リミテッド」のインテリア。 拡大
「ワゴンRスティングレー リミテッド」
「ワゴンRスティングレー リミテッド」 拡大
こちらは「ワゴンRスティングレー リミテッド」のインテリア。各所に配された青いイルミネーションが特徴。
こちらは「ワゴンRスティングレー リミテッド」のインテリア。各所に配された青いイルミネーションが特徴。 拡大

関連キーワード:
ワゴンRワゴンRスティングレースズキワゴンR自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • スズキ・スペーシア カスタム ハイブリッドXSターボ(FF/CVT)【試乗記】 2018.3.8 試乗記 生活必需品として、日本で独自の発展をみせる軽乗用車。新型「スペーシア」は、その中で一番の激戦区であるスーパーハイトワゴンカテゴリーに、スズキが投入した自信作だ。ワイルドなフロントマスクが主張する「カスタム」に試乗した。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
ホームへ戻る