【スペック】全長×全幅×全高=4945×1845×1500mm/ホイールベース=2900mm/車重=1860kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(306ps/6800rpm、35.7kgm/5000rpm)、交流同期電動機(68ps、27.5kgm)/価格=577万5000円(テスト車=641万5500円/BOSEサラウンドサウンドシステム=18万9000円/プレミアムインテリアパッケージ=45万1500円)

日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】

最もEVなハイブリッドカー 2010.11.25 試乗記 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)
……641万5500円

誕生から1年を経た2代目「フーガ」に、ハイブリッドバージョンが登場。日産が満を持して送り出す新型高級セダンは、どんな走りを見せるのか?

タコメーターがパッタリ。

「フーガハイブリッド」に乗っていていちばん驚いたのは、インストゥルメントパネルの中だった。走行中、突然、タコメーターの針が“死ぬ”のである。初めて目撃したときは、一瞬、「あっ、故障か!?」と思った。もちろんそんなことはなく、エンジンがきれて、EV走行に入ったしるしである。

「トヨタ・プリウス」に代表されるトヨタブランドのハイブリッドもEV走行をするが、タコメーターの備えはない。IMAシステムの「ホンダ・ハイブリッド」にはタコメーターがあるが、動き出せばエンジンは回りっぱなしで、モーターのみのEV走行をしない。タコメーター付きのハイブリッドカーで、走行中にエンジンが止まるクルマを今まで経験したことがなかったから、目の前のビジュアルにびっくりしたのである。
でも、そのことに象徴されるように、フーガはなかなか新鮮な感動を与えてくれる新種ハイブリッドだった。

走行モードがEVに切り替わると、エンジンは働きを止める。結果、写真のようにたとえ70km/h走行中でも、タコメーターの針先は「0」をさすことになる。
走行モードがEVに切り替わると、エンジンは働きを止める。結果、写真のようにたとえ70km/h走行中でも、タコメーターの針先は「0」をさすことになる。
日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フーガの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを出展 2017.2.14 自動車ニュース トヨタが、新型「レクサスLS」のハイブリッドモデル「LS500h」をジュネーブショーで世界初公開すると発表した。同車の詳細については日本時間の3月7日に公開される予定で、また同ショーには「レクサスRC F GT3」なども出展される。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る