独アウディ、「RS3スポーツバック」を発表

2010.11.24 自動車ニュース

独アウディ、「RS3スポーツバック」を発表

独アウディは、「A3」シリーズの高性能バージョンとなる「RS3スポーツバック」を発表した。

「アウディA3」シリーズ初となる「RS」モデル、その名も「RS3スポーツバック」がドイツで発表された。アウディの子会社で、高性能モデルの開発を担当するクワトロGmbHによって手掛けられた同モデルは、0-100km/h加速4.6秒というスーパースポーツ並の実力の持ち主。また、それだけの高出力・大トルクを手にしながら、9.1リッター/100km(11.0km/リッター)の燃費性能を達成したこともセリングポイントとしてアピールされている。

搭載エンジンは、「TT RS」にも積まれている2.5リッター直列5気筒ターボ。スペックは、最高出力340ps、最大トルク45.9kgm。既存のスポーツモデル「S3スポーツバック」をパワーで84ps、トルクで12.2kgm上回る。組み合わされるトランスミッションは、7段Sトロニック。駆動方式はもちろん4WDだ。

RS3専用設計となるサスペンションは、フロントがストラット式、リアは4リンク式。形式そのものはA3シリーズと変わらないが、前後ともワイドトレッド化され、フロントは1564mm、リアは1528mmに設定された。スプリングやショックアブソーバーが専用品となるのはもちろんのこと、サスペンションアームも一部専用品が採用され、ハンドリング性能の向上が図られている。なお、25mmダウンされた足まわりには19インチタイヤが装着される。フロントブレーキが4ピストンキャリパーを持つ大径ディスクブレーキに変更されているほか、ESPがスポーツモード付きのシステムに変更されている。

外装には専用デザインのフロントバンパー、ダイヤモンドメッシュのフロントグリル、アルミ調ドアミラー、大型ルーフスポイラーが、内装にはフラットボトム形状のステアリングホイール、シルバーステッチが施されたナッパレザー表皮のスポーツシート、ピアノブラックまたはアルミニウム調の加飾パネルなどが装備され、標準モデルやS3との差別化が図られている。

RS3スポーツバックは、ドイツでは2011年早々に販売が開始される予定。現地価格は、4万9900ユーロ(約555万円)に設定される。

(webCG 曽宮)

「アウディRS3スポーツバック」
「アウディRS3スポーツバック」
独アウディ、「RS3スポーツバック」を発表の画像
独アウディ、「RS3スポーツバック」を発表の画像
独アウディ、「RS3スポーツバック」を発表の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2015.12.21 試乗記 0-100km/h加速は4.3秒。アウディ伝統のテクノロジーを受け継ぐ、直列5気筒ターボエンジン搭載。クワトロ社が手がけたスペシャルモデル、「RS 3スポーツバック」を箱根のワインディングロードで試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.25 試乗記 「アウディTTクーペ」のハイパフォーマンスバージョン「TT RSクーペ」がフルモデルチェンジ。最高出力400psの5気筒エンジンや新開発プラットフォームを得た新型は、どんな走りを見せるのか。市街地からワインディングロードまで、さまざまな道で試した。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
ホームへ戻る