VW、新型「ゴルフトゥーラン」を発表

2010.11.22 自動車ニュース
「ゴルフトゥーラン TSIハイライン」
VW、新型「ゴルフトゥーラン」を発表

フォルクスワーゲン、新型「ゴルフトゥーラン」を発表

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2010年11月22日、新型「ゴルフトゥーラン」を発表した。同日、注文受付を開始し、2011年1月11日に発売する。

「TSIハイライン」のインストゥルメントパネル。
VW、新型「ゴルフトゥーラン」を発表

VW、新型「ゴルフトゥーラン」を発表
「TSIハイライン」にオプション設定されるレザーシート。
VW、新型「ゴルフトゥーラン」を発表

■最新のブランドフェイスに

既報のとおり、新型「ゴルフトゥーラン(欧名:トゥーラン)」が日本に上陸した。

今回のモデルチェンジでは、最新のブランドフェイスの採用などにより、内外装が刷新された。併せてグレード名の変更も実施。これまでのエントリーグレード「TSIトレンドライン」は「TSIコンフォートライン」に改められた。上級グレードは従来通り「TSIハイライン」となる。

ドアパネル以外すべて新しくしたというエクステリアには、左右のヘッドライトを結ぶ水平ラインが特徴の、最新「ゴルフ」顔を採用。ラジエーターグリルのクロームトリムや新デザインのLEDポジションライト付きバイキセノンヘッドライト(「TSIハイライン」に標準装備)などの採用により、力強い印象となった。
また、リアビューも大きくデザインチェンジ。テールランプの意匠を従来の縦型から横型に変更するなどして、フロント同様に水平ラインを強調したものとされた。
ボディサイズは、全長4405×全幅1795mm×全高1670mmと、従来型とほぼ(全長のみ-15mm)変わらない。

インテリアは、全車に革巻きステアリングホイールが採用されるなど、質感の向上が図られた。オートライトやレインセンサー、自動防眩(ぼうげん)ルームミラーも全車標準装備。「TSIハイライン」にはアルカンターラ&ファブリックスポーツシートやマルチファンクションインジケーターも標準で備わる。

その他、「TSIハイライン」には、パークディスタンスコントロールやオプティカルパーキングシステム、パドルシフトなどを標準装備。RNS510パッケージ(HDDナビゲーションほか/30万4500円)や電動パノラマスライディングルーフ(14万7000円)、レザーシートパッケージ(「TSIハイライン」のみ/31万5000円)がオプション設定される。

荷室容量は、7人乗車で121リッターを確保。2列目シートを取り外し、3列目シートを収納することで最大1913リッターまで拡大可能だ。
VW、新型「ゴルフトゥーラン」を発表
VW、新型「ゴルフトゥーラン」を発表

■エコカー減税75%対象車に

新型「ゴルフトゥーラン」は、輸入車ミニバンで初めてエコカー減税(75%)の対象車となったこともニュースだ。
新型のパワートレインは、先代の「TSIハイライン」に搭載していた170ps版をなくし、140ps版の1.4リッターツインチャージャーTSIエンジン(140ps/5600rpm、22.4kgm/1250-4000rpm)と乾式7段DSGの組み合わせのみを両グレードに採用。このエンジンに国内向けの改良を施すことで、「平成17度排出ガス基準75%低減レベル」を取得した。加えて10・15モード燃費14.6km/リッター(従来比3%アップ)を達成し、「平成22年度燃費基準値+15%」もクリアしたことで、エコカー減税(75%)の対象車となった。

価格は、「TSIコンフォートライン」が293万円、「TSIハイライン」は339万円。

(webCG ワタナベ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る