第169回:追突で、恋の花咲くこともある!? イタリアのトンデモ調査結果

2010.11.20 エッセイ

第169回:追突で、恋の花咲くこともある!?イタリアのトンデモ調査結果

交通事故と恋愛

イタリアでも近年は、高齢ドライバーの進入路間違いによるアウトストラーダの逆走事故がたびたび問題になっている。そのため、インターチェンジやサービスエリアには、進入禁止のマークとともに「ALT(止まれ)」と大きく書かれた蛍光イエローの警告が付け加えられるようになった。
そうした背景もあり、2010年にイタリア国会では、下院運輸委員長から道路交通法の改正案として「80歳になったと同時に、運転免許返納を義務化する」という大胆な法案が出された。結果としては7月に廃案となったのだが、日本と1、2を争う高齢者国家イタリアならではの悩みといえる。

いっぽう、事故関連でも「アモーレの国 イタリアは、まだ健在だった!」と、ボクを唸らせたのが今週の話題である。
もちろん事故は事故。たとえ小さなものでも、真剣に当事者同士で解決の道を探るべきものであることは事実だ。したがって、以下は現代イタリアの一事象としてお読みいただきたい。

何の話題か? というと、イタリアのインターネット自動車保険比較サイト「Assicurazion.it」が発表した、一風変わったアンケート結果だ。
ずばり内容は「イタリア人の交通事故と恋愛に関するアンケート」である。

それによると、「追突などの軽い交通事故がきっかけで、事故相手と恋愛関係が始まった経験がある」と答えたドライバーは、回答者全体の7%にのぼり、うち13%は現在もその相手と交際中であるという。このパーセンテージをイタリアの全ドライバー数に当てはめると「600万人が自動車事故の相手と交際にいたった経験あり」ということになる、というのだ。
伝説のお見合い番組「パンチDEデート」の名キャッチ「ひと目合ったその日から、恋の花咲くこともある」になぞらえれば、「追突で、恋の花咲くこともある」といったところだ。

さらに、同様に調査結果から割り出すと、イタリアの全ドライバー中約50万人が、「事故をきっかけに出会った相手と結婚にいたっている」計算になるという。
イタリアでのこの種の調査によくあることだが、実際の回答者数は明らかにされていない。しかし、千葉県民約620万人(2010年9月1日現在)の多くが交通事故の相手と恋におち、宇都宮市民約51万人(2010年11月1日現在)の大半が、交通事故の相手と結婚していると勝手に仮定すると、なかなかなインパクトある数字である。

アウトストラーダにて。逆走防止のために増設中の「ALT(止まれ)」標識。
アウトストラーダにて。逆走防止のために増設中の「ALT(止まれ)」標識。

第169回:追突で、恋の花咲くこともある!? イタリアのトンデモ調査結果の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。