ホンダ、軽乗用車「ライフ」をマイナーチェンジ

2010.11.19 自動車ニュース

ホンダ、軽乗用車「ライフ」をマイナーチェンジ

本田技研工業は2010年11月18日、軽乗用車「ライフ」の内外装を一部変更し、発売した。

今回のマイナーチェンジでは、「G」タイプのフロントグリルが変更され、ヘッドライトには路面を広く照らすプロジェクタータイプが採用された。また、ウォッシャー付きリアワイパーが標準装備となった。インテリアにも手が入れられ、従来速度計のみであったメーターは、回転計、速度計、燃料計を表示した3眼メーターに。フロントシートにはアームレストが標準装備された。

さらに、「G スマートプラス」に設定される、駐車時のハンドル操作をアシストするオプション機能「Hondaスマートパーキングアシストシステム」の車速設定が引き上げられ、より早く駐車が完了できるようになった。
ボディカラーには、新色のアクアトパーズ・メタリックとベリーレッド・メタリックが追加設定された。

スポーティな上級モデル「DIVA」には、ダーククロームメッキされた専用グリルが与えられ、より遠くまで明るく照らせるディスチャージヘッドライトが採用された。また、ウインカーを内蔵したドアミラーが標準装備される。
内装は、「G」タイプと同様にメーターが3眼式に変更され、フロントシートは専用のスポーツシートになった。
ボディカラーには、プレミアムミスティックナイト・パールが追加設定された。

さらに、リアカメラや照明付きオーディオリモートコントロールスイッチなどをセットにした「ナビ装着用スペシャルパッケージ」が、新たに「G」タイプと「DIVA」にオプション設定された。

なお、今回のマイナーチェンジでは、廉価版「C」タイプもフェイスリフトされ、「G」と同じフロントグリルが装着された。

価格は、以下のとおり。

「C」:95万5000円(FF)/108万4000円(4WD)
「G」:105万円(FF)/116万9000円(4WD)
「G スマートプラス」:116万円(FF)/127万9000円(4WD)
「DIVA」:125万円(FF)/136万9000円(4WD)
「DIVA スマートスタイル」:133万5000円(FF)/145万4000円(4WD)
「DIVA ターボ スマートスタイル」:149万円(FF)/160万9000円(4WD)

(文=滝本 智志(Office Henschel))


「ホンダ・ライフG スマートプラス」。写真のボディカラーは、新色のアクアトパーズ・メタリック。
ホンダ、軽乗用車「ライフ」をマイナーチェンジ

「ホンダ・ライフDIVA スマートスタイル」
ホンダ、軽乗用車「ライフ」をマイナーチェンジ

メーターは、速度計のみから3眼タイプへ変更(「C」タイプを除く)。
ホンダ、軽乗用車「ライフ」をマイナーチェンジ

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.24 試乗記 全高が65mm下げられた「ホンダN-ONE」の「LOWDOWN(ローダウン)」に試乗した。スポーティーな外観を得て、立体駐車場にも入るようになったローダウンだが、逆に失ったものはないのだろうか?
  • 「ホンダN-ONE」に「N360」生誕50周年を記念した特別仕様車 2016.11.10 自動車ニュース 本田技研工業は2016年11月10日、軽乗用車「N-ONE」に特別仕様車「SS(スズカスペシャル)ネオクラシックレーサーパッケージ」を設定し、11月11日に発売すると発表した。価格は179万8000円で、2017年10月31日までの生産分で受注終了となる。
  • ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)【試乗記】 2013.1.16 試乗記 ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)
    ……154万5000円

    ちょっとレトロな表情を見せる、ホンダの軽乗用車「N-ONE(エヌワン)」。そのクルマとしての仕上がりは? 巨匠 徳大寺有恒が確かめた。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
ホームへ戻る