【スペック】全長×全幅×全高=4465×1810×1280mm/ホイールベース=2355mm/車重=1440kg/駆動方式=RR/3.8リッター水平対向6DOHC24バルブ(435ps/7600rpm、43.8kgm/6250rpm)/価格=1766万円(テスト車=2061万7000円)

ポルシェ 911 GT3(RR/6MT)【試乗記】

スポーツカーはこうでなくっちゃ! 2010.11.19 試乗記 ポルシェ 911 GT3(RR/6MT)
……2061万7000円
排気量アップによってさらに動力性能を上積みした「911」のスパルタンモデル「GT3」の走りを試す。

効果は見た目以上

2009年3月のジュネーブショーで一般公開された現行型「911 GT3」、その最大の見どころはフラットシックスの排気量が3.6リッターから3.8リッターに拡大されたことだ。これにより、現行型は20psプラスの435psと、2.5kgmプラスの43.8kgmを達成。0-100km/h加速が4.1秒、最高速度は312km/hという動力性能を得ている。

外観にもポルシェ乗りならそれとわかる改善が施されており、従来型より前方に突き出したフロントスポイラー付きバンパーや、デザインが一新されたリアウイングが採用されている。これらの効果は見た目以上に大きく、従来型と比べて2倍以上ものダウンフォースを生み出すという。
ちなみに、車高はノーマル「911カレラ」より約30mm低められているが、必要に応じてフロントアクスルを約30mm上昇させる「ライドハイト・リフトシステム」が新たに装着されたので、実用面での犠牲は相殺されている。

また、今回から走行安定性と安全性を確保するPSM(ポルシェ・スタビリティ・マネージメントシステム)が付いたことも注目に値する。もっとも、サーキット直系の「911 GT3」に装着されるPSMは、よりダイレクトなドライビングが楽しめるように作動の基準が高めに設定されているのがポイント。PSMの解除についても、まずSC(スタビリティコントロール)のみ、次にSC+TC(トラクションコントロール)の両方と、段階を追ってできるようになっている。

オプションのスポーツバケットシートは、背面がカーボンファイバー素材で覆われているのが特徴。バックレストは可倒式で側胸部保護用サイドエアバッグが備わる。
オプションのスポーツバケットシートは、背面がカーボンファイバー素材で覆われているのが特徴。バックレストは可倒式で側胸部保護用サイドエアバッグが備わる。

ポルシェ 911 GT3(RR/6MT)【試乗記】の画像
リアウイングは、デザインが新しくなり、上部の角度を調節することが可能になった。
リアウイングは、デザインが新しくなり、上部の角度を調節することが可能になった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【海外試乗記】NEW 2017.1.23 試乗記 「メルセデスAMG GT」シリーズの頂点に君臨するハイパフォーマンスモデル「AMG GT R」に試乗。エンジン、シャシー、空力性能が磨かれたフラッグシップスポーツは、まさに公道に降り立ったレーシングカーだった。
ホームへ戻る