ポルシェ、新型スポーツカー「ケイマンR」を発売

2010.11.18 自動車ニュース

ポルシェジャパン、ケイマンシリーズのトップモデル「ケイマンR」の予約受付を開始

ポルシェジャパンは、ロサンゼルスオートショーで世界初公開された新型ミドシップクーペ「ケイマンR」の予約注文受付を、2010年12月14日に開始すると発表した。

今回発表された「ケイマンR」の“R”は、「Racy(レーシー)」の“R”。「『ケイマンS』より55kg軽量化され、パワーで10ps上回るケイマンRは、卓越した走りを実現し、専用チューンが施されたスポーツシャシーがケイマンSをしのぐ精密なドライビングプレジャーを提供する」(プレスリリース)とうたわれる。

ケイマンSの持つパフォーマンスやドライビングダイナミクス、俊敏性をさらに高めることを目標に開発。軽量コンポーネントの採用とオーディオやエアコン(オプションで設定)など快適装備の廃止による大幅な軽量化が図られた結果、車両重量はわずか1295kgに仕上がった。

最高出力330psの3.4リッター水平対向6気筒エンジンをミドに搭載する、その動力性能は、0-100km/h加速を5秒フラットで駆け抜ける(6段MT仕様)というもの。7段PDK仕様の場合は4.9秒にまで短縮される。最高速度と燃費(欧州NEDCモード)は、MT仕様車で282km/hと10.3km/リッター、PDK仕様車では280km/hと10.8km/リッターを達成するとのことだ。

ケイマンSよりも20mm低いボディは、固定式のリアスポイラー、シルバーペイント仕上げのホイール、スポーティさを強調する内外装の多くのディテールとも相まって“レーシーさ”あふれるデザイン。また、ブラックフレームのヘッドライトをはじめ、ブラックのドアミラー、 “PORSCHE”ロゴのサイドデカール(ボディカラーに応じてブラックまたはシルバーとなる)などが、伝統的なポルシェのレーシングカーをほうふつとさせる。

日本での価格は、6段MT仕様が975万円、7段PDK仕様が1022万円。
いずれもハンドル位置は左右が選べる。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ケイマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る