メルセデス・ベンツMクラス 装備を一部変更

2010.11.18 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツMクラス」デザイン、装備を一部変更

メルセデス・ベンツ日本は2010年11月18日、SUV「メルセデス・ベンツMクラス」のデザイン、装備を一部変更し、発売した。

今回の変更では、全グレードでドアミラーとシートの意匠が変更されたほか、LEDドライビングライトを新たに採用(ML63AMGを除く)。オプション装備の盗難防止警報システムには、室内センサーが追加された。

加えて、「Grand Edition(グランドエディション)パッケージ」と呼ばれる内外装装備のパッケージも用意された。その内容は、専用デザインの19インチ10スポークアルミホイールや、ダークデザインのバイキセノンヘッドランプでエクステリアを飾り、レザーARTICO(人工皮革)の多用や、間接照明、ブラックポプラウッドトリムなどを採用することでインテリアの上質さを向上させた、というもの。AMGデザインの本革巻きステアリング、ステンレスアクセル/ブレーキペダルも装備される。
さらにボディカラーにも同パッケージ専用色となる「クロマイトブラック」が追加されている。

3.5リッターV6エンジン搭載の「ML350 4MATIC」は、このグランドエディションパッケージを標準装備。同時に「ML350 4MATICグランドエディション」とグレード名を変更し、798万円で販売される。
3リッターV6ディーゼルターボの「ML350ブルーテック 4MATIC」(814万円)ではオプション設定とされ、オプション価格は32万4700円。本革シートなどを装備する「グランドエディションレザーパッケージ」(66万5600円)も用意される。
ハイパフォーマンスグレード「ML63AMG」は1490万円。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
Mクラスメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記 キーワードは「ザ・ダカールレプリカ」。ホンダがダカールラリーに投入するワークスマシンのイメージを受け継いだアドベンチャーモデル「CRF250ラリー」に試乗。乗るものを選ぶような足つき性の“悪さ”に、ホンダの心意気を感じた。
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.10.24 試乗記
  • メルセデス・ベンツG350ブルーテック(4WD/7AT)【試乗記】 2013.11.11 試乗記