【スペック】全長×全幅×全高=4648×1881×1661mm/ホイールベース=2810mm/車重=1805kg/駆動方式=4WD/3リッター直6DOHC24バルブターボ(306ps/5800rpm、40.8kgm/1200-5000rpm)(欧州仕様車)

BMW X3 xDrive35i(4WD/8AT)【海外試乗記】

すべてがレベルアップ 2010.11.18 試乗記 BMW X3 xDrive35i(4WD/8AT)

人気の高級コンパクトSUV「X3」がフルチェンジ。北米はアトランタで先行試乗した。

大きく立派になった

新型「X3」の実車を最初に目にした時の率直な印象は、事前に目にしていたオフィシャル写真よりも、はるかに魅力的じゃない? というものだった。ライトまわりをはじめ、写真では平板に見えていたところも実車はとても肉感的で、存在感が際立っている。それだけに、今回は試乗をずいぶん前から楽しみに待っていたのである。

訪れたのはアメリカ東部のアトランタ。新型X3はこれまでのオーストリアではなく、「X5」などと同じサウスカロライナ州のスパータンバーグ工場にて生産される。そのあたりが、試乗場所のチョイスに影響したことは想像に難くない。

見た目は実に立派になった。スリーサイズは全長4648mm×全幅1881mm×全高1661mmと、現行型に対して全長83mm、全幅28mm、全高12mm、それぞれ拡大されている。もはや全長は初代X5に匹敵。全幅は上回るなど、「X1」が登場したこともあって明確に上級移行が図られている。
立派に感じるのは単純に大きくなったからというだけではない。プロポーション自体も、タイヤをボディの四隅に置いて安定感を醸し出しているし、なによりディテールが洗練された。先代はややトリッキーなところがあったが、新型は誰にとっても素直にスタイリッシュに見えるはずだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

X3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW X5 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2014.1.8 試乗記 プレミアムSUVのパイオニア「BMW X5」が、通算で3代目となる新型に移行した。外観からは「キープコンセプト」に見える今回のモデルチェンジは「攻め」か「守り」か? 3リッターディーゼルエンジンを搭載する「X5 xDrive35d Mスポーツ」で箱根のワインディングロードを目指した。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
ホームへ戻る