【スペック】全長×全幅×全高=4585×1795×1435mm/ホイールベース=2730mm/車重=1600kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(318ps/6400rpm、38.7kgm/4800rpm)/価格=538万円(テスト車=590万5000円)

レクサスIS350 Fスポーツ(FR/6AT)【試乗記】

わかりやすいスポーティ 2010.11.17 試乗記 レクサスIS350 Fスポーツ(FR/6AT)
……590万5000円
レクサス「F」シリーズの一員として「IS」に設定された「Fスポーツ」。新しいスポーティグレードはどんな走りを見せるのか?

デビュー時の記憶

「レクサスIS」に初めて乗ったときのことはよく憶えている。適度なカーブが続く山道を、木漏れ日というにはいささか強い日差しを浴びながら、デビューしたての「IS」で行く。
スポーティに締まった足まわりもさることながら、新しいV6エンジンに感心した。学術的(!?)には走行状態によって筒内と吸気管内へと燃料の噴射方法を切り替える新機構が興味深かったが、なによりフィールがいい。快音を発して涼やかに回る。
「レクサスブランド日本上陸!」というニュースに興奮気味だったせいもあるが、ハンドルを握りながら、ISシリーズをして「若武者のようなスポーツセダン」と、少々時代がかった表現が頭に浮かんだ記憶がある。「アルテッツァ」が「BMW」になったようでうれしかった。

「あれからはや5年……」と遠い目をするヒマもなく、最近のISはなんだか“ちょいワル”(死語)になっていた。ブラックのボディペイントで塗られたISが、道ばたにうずくまっている。アルミホイールをギラリと輝かしてすごみを利かせている。今回の試乗車は「IS350 Fスポーツ」。

「Fスポーツ」は、2010年8月に発表されたISシリーズのマイナーチェンジに伴って設定されたスポーティグレードである。スーパースポーツ「LFA」を頂点とする「F」シリーズの一員で、2.5リッターV6(215ps、26.5kgm)の「IS250」、3.5リッターV6(318ps、38.7kgm)の「IS350」、いずれにも用意される。価格はそれぞれ450万円と538万円。どちらも6段ATを介して後輪を駆動するFRモデルである。

「Fスポーツ」専用のスポーツシートは、本革/ヌバック調ファブリックを採用。シート形状は「IS F」と同じ。
「Fスポーツ」専用のスポーツシートは、本革/ヌバック調ファブリックを採用。シート形状は「IS F」と同じ。
フロントフェンダーのエンブレムがレクサスの「F」をアピールする。
フロントフェンダーのエンブレムがレクサスの「F」をアピールする。

レクサスIS350 Fスポーツ(FR/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ISの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスIS300h“Fスポーツ”/IS250“バージョンL”/IS350“Fスポーツ”【試乗記】 2013.6.21 試乗記 「真の“走る楽しさ”の体現」をキーワードに開発された新型「IS」。同モデル初のハイブリッド「300h」からトップグレード「350」まで、最新レクサスの走りを試した。
  • レクサスIS300h“バージョンL”(FR/CVT)【試乗記】 2013.7.30 試乗記 フルモデルチェンジを機に、「レクサスIS」に初めてハイブリッドモデルが加わった。モーター付きの“スポーツセダン”は、どんな走りを見せるのか? 燃費とあわせて報告する。
  • レクサスIS250“Fスポーツ”(FR/6AT)【試乗記】 2013.8.19 試乗記 2.5リッターV6エンジンを積んだ「レクサスIS250“Fスポーツ”」に試乗。人気を集める「IS300h」の4気筒ハイブリッドにはない、マルチシリンダーならではの魅力に触れた。
  • レクサスLS500“Fスポーツ” 2017.4.12 画像・写真 レクサスのフラッグシップセダン「LS」。その次期型である「LS500」のスポーティーバージョン「LS500“Fスポーツ”」が公開された。ディテールを写真で紹介する。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
ホームへ戻る