BMW7シリーズにAPECを記念した特別限定車

2010.11.16 自動車ニュース

「BMW7シリーズ」にAPEC首脳移送用車両をイメージした特別仕様車

BMWジャパンは、「BMW7シリーズ」がAPEC首脳会議の首脳移送用車両に採用されたのを記念して、7シリーズの特別仕様車「Summit Edition(サミットエディション)」を設定。2010年11月16日に販売を開始した。

2010年11月13日と14日に横浜で行われたAPEC(アジア太平洋経済協力)首脳会議では、参加国・地域の首脳移送用車両として「BMW7シリーズ」の特装車「BMW760Li High Security(防弾車)」20台が活躍した。今回BMWジャパンはこれを記念し、7シリーズに特別仕様車「7シリーズ Summit Edition(サミットエディション)」を設定、20台限定で発売した。

「7シリーズ サミットエディション」は、3リッター直列6気筒ツインターボ搭載の「740i」をベースとしたもので、「760Li High Security」と同じくソフィストグレー・ブリリアント・エフェクトのボディカラー、オイスターのシートカラー、19インチのアロイホイールがあしらわれている。

その他特別装備の内容は、コンフォートパッケージ(フロントコンフォートシート、フロントベンチレーションシート、4ゾーンオートマチックエアコンディショナー)、電動ガラスサンルーフ、オートマチックトランクリッドオペレーション、ソフトクローズドア、サンプロテクションガラス、専用インテリアバッジなど。

価格は、ベース車より88万円高い、1098万円。販売台数は、20台限定。

(webCG 曽宮)

「7シリーズ Summit Edition」
「7シリーズ Summit Edition」
APECで首脳移送用車両に採用された「760Li High Security」。ガラスが厚さ6cmの防弾タイプとなるほか、ボディ各部や床下に装甲パネルが配され、乗員保護性能が高められている。
APECで首脳移送用車両に採用された「760Li High Security」。ガラスが厚さ6cmの防弾タイプとなるほか、ボディ各部や床下に装甲パネルが配され、乗員保護性能が高められている。

BMW7シリーズにAPECを記念した特別限定車の画像
ベースとなった車両は、「740i」(標準ホイールベース仕様)。
ベースとなった車両は、「740i」(標準ホイールベース仕様)。

関連キーワード:
7シリーズBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 740i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.1.25 試乗記 クルマを外から操作できる自動パーキングシステムや、手の動きだけで各種機能を操作できるインターフェイスなどの先進装備が話題となっている新型「BMW 7シリーズ」。しかし実際に試乗してみると、そうしたハイテクよりも注目に値するポイントが見えてきた。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”/LS500“Fスポーツ”/LS500h“Fスポーツ”【試乗記】 2017.12.21 試乗記 11年ぶりにフルモデルチェンジした、レクサスのフラッグシップセダン「LS」の仕上がりは? 伊豆の峠道やクローズドコースで、ハイブリッドモデル「LS500h」と、新開発ターボエンジン搭載車「LS500」に試乗した。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.26 試乗記 ブラック基調のドレスアップやスポーティーなチューニングを特徴とする、ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス ブラックバッジ」に試乗。メーカー自ら「ロールス・ロイスブランドのダークな側面を強調した」とアピールする、走りの質を報告する。
  • BMW X3 xDrive20d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.31 試乗記 見た目はキープコンセプトながら、多くの先進機能を携えて登場した3代目「BMW X3」に試乗。そのライバル車に対するアドバンテージはどこにあるのか。内外装の出来栄えや、走行性能をチェックした。
  • ロールス・ロイス、8代目となる新型「ファントム」を日本に導入 2018.1.22 自動車ニュース ロールス・ロイスが8代目「ファントム」の日本導入を開始した。今回の新型にはロールス・ロイス専用に開発された「アーキテクチャー・オブ・ラグジュアリー」が採用されており、快適な乗り心地と高い静粛性が徹底的に追求されている。
ホームへ戻る