スカイラインクーペ/クロスオーバーが仕様変更

2010.11.16 自動車ニュース
「スカイラインクーペ370GT Type SP」。写真は新色のシャイニングブルー。
「スカイラインクーペ」「スカイラインクロスオーバー」ga仕様変更

日産、「スカイラインクーペ」「スカイラインクロスオーバー」の仕様を変更

日産自動車は2010年11月15日、「スカイラインクーペ」「スカイラインクロスオーバー」の仕様を一部変更し、発売した。

「スカイラインクロスオーバー370GT Type P」。写真は新色のセラミックブルー。
スカイラインクーペ/クロスオーバーが仕様変更

今回の変更で「スカイラインクーペ」全グレードに、スポーツフロントバンパー/スポーツサイドシルスポイラーが標準装備された。さらにアルミホイールの意匠も変更。スポーティさをより強調したエクステリアとなった。
ボディカラーにはシャイニングブルーとダークメタルグレーが新たに加わり、全7色の設定に。価格は386万4000円から501万9000円まで。

「スカイラインクロスオーバー」は、ボディカラーにセラミックブルー、ダークメタルグレー、フランボワーズレッドの新色3色を追加し、全6色のラインナップとなった。価格は420万円から499万8000円。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る