【スペック】2.0XS プラチナセレクション:全長×全幅×全高=4560×1780×1675mm/ホイールベース=2615mm/車重=1490kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4DOHC16バルブ(148ps/6000rpm、20.0kgm/4200rpm)/価格=252万5250円(テスト車=289万2750円/リアビューカメラ付き音声認識HDDナビゲーションシステム+キーレスアクセス&プッシュスタート=36万7500円)

スバル・フォレスター2.0XS プラチナセレクション/S-EDITION【試乗記】

スバルらしい進化 2010.11.16 試乗記 スバル・フォレスター2.0XS プラチナセレクション(4WD/4AT)/S-EDITION(4WD/5AT)
……289万2750円/342万3000円

21年ぶりにリニューアルした真新しい水平対向エンジンを得た「フォレスター」。さて、その走りはどう変わった?

弱点克服への新心臓

スバルのアイデンティティのひとつ、水平対向エンジンが新型になった。「スバル1000」とともに世に出た第1世代、初代「レガシィ」に積まれた第2世代に続く第3世代とのことだ。実に21年ぶりのチェンジなのである。

新エンジンの最大の特徴は、ショートストロークからロングストロークになったことだ。今回登場した2リッター版についていえば、ボア×ストロークは92×75mmから84×90mmになった。

左右に幅広い水平対向エンジンは、駆動輪との干渉を避けるために、ショートストロークにする傾向がある。しかしショートストロークエンジンは低中回転域のトルクを出しにくく、燃費の向上がむずかしい。「スバルは燃費が悪い」という噂には、こうした構造上の理由もあった。

そこでロングストローク化に踏み切ったわけだが、「フォレスター」はマイナーチェンジだから、エンジンルームの拡大はできない。よってスバルは、燃焼室のコンパクト化などを実施し、エンジン全幅を旧型と同等に抑えた。

さらにピストンやコンロッド、オイルポンプを小型軽量化し、AVCSと呼ばれる可変バルブタイミング機構を吸排気両方に装備した。この結果10・15モード燃費は、4段のままのATをもってしてもリッター13.8kmから15.0kmにアップし、このクラスのSUVでトップレベルになった。

これが事実なら、もう燃費のことは言われなくなるだろう。今回は短時間の試乗だったので測定はできなかったけれど、トルクアップを体感できる加速感から、燃費も伸びそうな印象を受けた。

21年ぶりに全面刷新されたボクサーユニット。最高出力はそのまま(148ps)に、最大トルクは19.5kgmから20.0kgmへとわずかながらアップ。一方で燃費は約10%アップした。
スバル・フォレスター2.0XS プラチナセレクション(4WD/4AT)/S-EDITION(4WD/5AT)【短評】
インテリアデザインは、基本的にそのまま。インストゥルメントパネルの材質がより上質感のあるものに変えられた。
スバル・フォレスター2.0XS プラチナセレクション(4WD/4AT)/S-EDITION(4WD/5AT)【短評】

スバル・フォレスター2.0XS プラチナセレクション(4WD/4AT)/S-EDITION(4WD/5AT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォレスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る