「フェラーリ・カリフォルニア」の限定車が登場

2010.11.15 自動車ニュース

コーンズ、カーボンパーツなど採用の限定車「フェラーリ・カリフォルニア リミテッドエディション」を発売

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドは2010年11月13日、「フェラーリ・カリフォルニア」にカーボンパーツほかスポーティなオプションを追加装備したコーンズ限定特別モデル「フェラーリ・カリフォルニア リミテッドエディション」を、10台限定で発売した。

「フェラーリ・カリフォルニア」は、2009年6月に国内で発売された、V8エンジン搭載のGTカー。14秒で開閉するリトラクタブルハードトップを備え、本格的なスポーツ性能をオープンとクローズドの両方で味わえるモデルだ。

コーンズ限定モデルとなる今回の「リミテッドエディション」は、通常はボディ同色にペイントされるサイドスカートやフューエルフィラーフラップにカーボンパーツがあしらわれ、またホイールも鍛造ダイヤモンドポリッシュデザインのものに変更されるなど、スポーティな雰囲気がさらに高められている。

インテリアは、カーボンファイバードライバーゾーンをはじめ、イエローのレブカウンター、ダイヤモンドスタイルのシートやドアトリムなどにより、スパルタンな雰囲気が演出されている。

これら420万円相当の特別装備を加えながらも、限定車の価格はベース車より290万円高の、2650万円に設定された。

ボディカラーは3色用意され、白(BIANCO AVUS)が4台、赤(ROSSO CORSA)が3台、黒(NERO)が3台の、計10台限定となる。

(webCG 曽宮)

「フェラーリ・カリフォルニア リミテッドエディション」
「フェラーリ・カリフォルニア リミテッドエディション」 拡大
「フェラーリ・カリフォルニア」の限定車が登場の画像 拡大
特別装備は、カーボン製フューエルフィラーフラップ、カーボンルックドアハンドル、カーボン製サイドスカート、鍛造ダイヤモンドポリッシュホイールチタンボルトのセット、赤色ホイールキャップ、カーボンファイバーリヤモールディング、フェラーリロゴ、ブレーキキャリパーロッソ、カーボンファイバードライバーゾーン、レブカウンターイエロー、ダイヤモンドスタイルシート、ドアパネル中央ダイヤモンドスタイル、パイピングロッソ、ステッチロッソ、iPodコネクションの15アイテム。
特別装備は、カーボン製フューエルフィラーフラップ、カーボンルックドアハンドル、カーボン製サイドスカート、鍛造ダイヤモンドポリッシュホイールチタンボルトのセット、赤色ホイールキャップ、カーボンファイバーリヤモールディング、フェラーリロゴ、ブレーキキャリパーロッソ、カーボンファイバードライバーゾーン、レブカウンターイエロー、ダイヤモンドスタイルシート、ドアパネル中央ダイヤモンドスタイル、パイピングロッソ、ステッチロッソ、iPodコネクションの15アイテム。 拡大

関連キーワード:
カリフォルニアフェラーリ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【海外試乗記】 2018.3.7 試乗記 フェラーリの新しいV8GT「ポルトフィーノ」に南イタリアで試乗した。この「カリフォルニアT」の後継モデルは、グランツーリスモとして一段と洗練されていただけでなく、跳ね馬の名に恥じない熱い走りを備えていた。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • アストンマーティンDB11 V8(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.26 試乗記 アストンマーティンの主力モデル「DB11」に仲間入りした、V8エンジン搭載車に試乗。メルセデスAMGの手になるパワーユニットを与えられた新型は、この英国ブランドの将来性を感じさせるエネルギーに満ちあふれていた。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【試乗記】 2018.3.12 試乗記 V8ターボエンジンを搭載するフェラーリの4シーター「GTC4ルッソT」に試乗。その走りにはどんな特徴があるのか。12気筒エンジンやMRの駆動方式を採用する、ほか多くの“跳ね馬”に接してきた清水草一がリポートする。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
ホームへ戻る