【スペック】全長×全幅×全高=3915×1695×1525mm/ホイールベース=2500mm/車重=1050kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4SOHC16バルブ(120ps/6600rpm、14.8kgm/4800rpm)/価格=169万8000円(テスト車=178万2000円/VSA(ABS+TCS+横滑り抑制)=5万2500円/コンフォートビューパッケージ=3万1500円)

ホンダ・フィットRS(FF/6MT)【試乗記】

みんなの「RS」 2010.11.15 試乗記 ホンダ・フィットRS(FF/6MT)
……178万2000円

マイナーチェンジで、顔立ちがガラリと変わった「フィットRS」。その走りっぷりや乗り心地をリポートする。

間口の広い6MT

ホンダはハイブリッドのスポーツカー「CR-Z」を登場させたときに、「MT好きの顧客はまだ確実に潜在する」と手応えを感じたようだ。「フィット」のMT仕様はこれまでも存在したが、さらなるMTユーザーを獲得しようとフィットの上級グレード「RS」をより魅力的に磨きあげた。

まず最初に、改良されたギアボックス、6段MTについて考察してみよう。1.3リッターモデルの5段MTをもとに、1、2、3速の下3段をより低く、上の4、5速を高くし、さらにその上に6速を足して、ギア比そのものを見直した。ステップアップ比は1.85―1.51―1.30―1.17―1.11となる。グラフでみると、いくぶん広範囲に分散され使いやすくなったように見える。

実際に乗ってみると、これはいわゆるクロスレシオではないし、トップギアで「100km/hのときに3000rpm」は回り過ぎ。6段あるのだから、トップギアはもっと燃費を考えてもいい……と、われわれシニア世代は思う。「RS」とはいうものの、サーキット専用ではないし、これでラリーをやるわけでもない。結局は実用車のユーザーが対象だ。単にATではなくMTという、MT初心者向けの設定なのだろうと納得する。

今時のエンジンはトルクバンドも広く、ピーキーではない。絶対的なパワー/トルクも十分に確保されている。だから50km/hも出ていれば6速で走れてしまう。トップギアを多用する人にとっては、レスポンスを考慮するとこれでいいのだろう。高速巡航時の燃費の良しあしは、エンジンの基本性能による。

リミッターに当たる最高速度は、4速でも5速でも出そうだ。峠で速いクルマに追いつかれたとしても、セカンドでいっぱいに回せば、70km/hほどには伸びる。
高速道路の上り坂での追い越しを考えても、サードで130km/hまで引っ張れれば、瞬時の役にもたつし、広範囲をカバーする。

2代目「フィット」デビュー時には、1.5リッターモデルの総称だった「RS」。3年後のマイナーチェンジを機に中身も見た目もテコ入れされ、よりスポーティなグレードに生まれ変わった。
2代目「フィット」デビュー時には、1.5リッターモデルの総称だった「RS」。3年後のマイナーチェンジを機に中身も見た目もテコ入れされ、よりスポーティなグレードに生まれ変わった。
6段MTのシフトストロークは、ハイブリッド・スポーツを称する同社の「CR-Z」と同じ45mm。なお、「フィットRS」にはCVT仕様もラインナップする。
6段MTのシフトストロークは、ハイブリッド・スポーツを称する同社の「CR-Z」と同じ45mm。なお、「フィットRS」にはCVT仕様もラインナップする。
1.5リッターエンジンのパフォーマンスは、マイナーチェンジ前と変わらず。上質感をウリとする他の1.5リッターモデル「15X」とも同じスペックだ。
1.5リッターエンジンのパフォーマンスは、マイナーチェンジ前と変わらず。上質感をウリとする他の1.5リッターモデル「15X」とも同じスペックだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フィットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る