第416回:いつになく迷った日本カー・オブ・ザ・イヤー 小沢コージ的COTYはこれだ!

2010.11.12 エッセイ

第416回:いつになく迷った日本カー・オブ・ザ・イヤー 小沢コージ的COTYはこれだ!

本命不在の年

今年も恒例の年男ならぬ“年グルマ”を選ぶ年いちイベント、COTYこと日本カー・オブ・ザ・イヤーの季節がやってきてしまいました。「しまいました」ってのは、懲りずに選考委員を務めさせていただく不肖オザワの偽らざる心境で、晴れがましくもそれなりにプレッシャーなのでございます。

「しょせん販売に無関係」「結局はお祭りでしょ!」と最近イヤミを言われるイベントですが、そうはいっても受賞車はニュースとして取り上げられるわけだし、なにより製品はメーカーにとっての努力の結晶! 評価を受けることに必死になるのもわかるし、大事な仕事として扱われているわけです。ハタから見るより真剣なわけですよ。
「不出来」と言われることの多い悪ガキでも、親からすれば「可愛いわが子」というのが、モノ作り産業の面白さであり、深み。COTYにはCOTYなりのドラマと悩みと駆け引きがあるのでございます。

でも正直、普段の付き合いがツライんですわ。たとえば広報車を借りに行って、たまたま広報部の人に会ったとしましょう。この時期だと決まって「ああ、小沢さん! せっかくですからお茶でも」ってなるわけですよ。
とはいえ、みなさんが思うほどオイシイ話はなく、コーヒーを飲み飲み「手応えはどうですか?」という話になり、「ウチも大変ですよ」となり、さらに「ウチの○×は結構売れていて……」あーだこーだとなる。子供の進路相談というか、級長選挙のようなもので、なおかつ自分が決定者の一員。となると結局は人と人の付き合いだから、「前向きにご検討を……」となって終わる。その心の触れ合いがどうにも……疲れる……あ〜(苦笑)。


第416回:いつになく迷った日本カー・オブ・ザ・イヤー 小沢コージ的COTYはこれだ!の画像
「日本カー・オブ・ザ・イヤー2010-2011」のイヤーカーに選ばれた「ホンダCR-Z」。
「日本カー・オブ・ザ・イヤー2010-2011」のイヤーカーに選ばれた「ホンダCR-Z」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』