新型ミツオカ・ガリュー、ティアナを元に誕生

2010.11.11 自動車ニュース
「ミツオカ・ガリュー」
「ミツオカ・ガリュー」一新 ベースは日産ティアナに

「ミツオカ・ガリュー」、「日産ティアナ」をベースにフルモデルチェンジ

光岡自動車は、フラッグシップセダン「我流(ガリュー)」をフルモデルチェンジし、2010年11月12日に発売する。


「ミツオカ・ガリュー」一新 ベースは日産ティアナに

「ミツオカ・ガリュー」は、日産自動車のセダンをベースに、ミツオカがクラシカルなボディを架装したコンプリートカーだ。

そのベースモデルは、これまで日産の“先代”「フーガ」だったが、今回のフルモデルチェンジで「ティアナ」にスイッチ。2009年11月にデビューした現行型「フーガ」は採用されなかった。同社によれば、「現行型『フーガ』はエクステリアが凹凸に富んでおり、クラシカルな『ガリュー』をかたちづくるにはそぐわなかった」とのこと。コスト上の課題もあったという。

そんな新型「ガリュー」のボディサイズは、全長×全幅×全高=4980×1795×1475mm。ベースモデルの「日産ティアナ」より130mm長いものの、先代「ガリュー」に比べれば、スリーサイズはわずかに(10〜30mm)小さい程度だ。
デザインは、従来の「ガリュー」イメージを踏襲するもので、鼻先にはロールス・ロイスを思わせる大きなメッキグリルが、その両側には丸型のヘッドランプが備わる。

インテリアはバッジ以外、ベースの「ティアナ」と全く同一。
機関類もベースモデルと同じもので、FFの3.5リッターV6モデルを頂点に、2.5リッターV6(FF車)、2.5リッター直4(4WD車)がラインナップする。

価格は、368万円から528万4000円まで。なお、「日産フーガ」をベースとした先代「ガリュー」は今年の春先で完売しており、併売はされない。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ガリューの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 長〜いミツオカ、「ガリューリムジンS50」発売 2008.10.23 自動車ニュース 光岡自動車は2008年10月23日、新型車「ガリューリムジンS50」を発表。同日に発売した。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】NEW 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 第18回 ゼイタクは敵(その2) 2016.11.22 エッセイ 清水草一の話題の連載。第18回は「ゼイタクは敵(その2)」。筆者が“世界初の超小型スーパーカー”と賞賛する、愛車「ホンダS660」との思い出を語る。「フェラーリ458イタリア」との夢のスーパーカー2台生活の実態とは?
ホームへ戻る