新型ミツオカ・ガリュー、ティアナを元に誕生

2010.11.11 自動車ニュース
「ミツオカ・ガリュー」
「ミツオカ・ガリュー」一新 ベースは日産ティアナに

「ミツオカ・ガリュー」、「日産ティアナ」をベースにフルモデルチェンジ

光岡自動車は、フラッグシップセダン「我流(ガリュー)」をフルモデルチェンジし、2010年11月12日に発売する。


「ミツオカ・ガリュー」一新 ベースは日産ティアナに

「ミツオカ・ガリュー」は、日産自動車のセダンをベースに、ミツオカがクラシカルなボディを架装したコンプリートカーだ。

そのベースモデルは、これまで日産の“先代”「フーガ」だったが、今回のフルモデルチェンジで「ティアナ」にスイッチ。2009年11月にデビューした現行型「フーガ」は採用されなかった。同社によれば、「現行型『フーガ』はエクステリアが凹凸に富んでおり、クラシカルな『ガリュー』をかたちづくるにはそぐわなかった」とのこと。コスト上の課題もあったという。

そんな新型「ガリュー」のボディサイズは、全長×全幅×全高=4980×1795×1475mm。ベースモデルの「日産ティアナ」より130mm長いものの、先代「ガリュー」に比べれば、スリーサイズはわずかに(10〜30mm)小さい程度だ。
デザインは、従来の「ガリュー」イメージを踏襲するもので、鼻先にはロールス・ロイスを思わせる大きなメッキグリルが、その両側には丸型のヘッドランプが備わる。

インテリアはバッジ以外、ベースの「ティアナ」と全く同一。
機関類もベースモデルと同じもので、FFの3.5リッターV6モデルを頂点に、2.5リッターV6(FF車)、2.5リッター直4(4WD車)がラインナップする。

価格は、368万円から528万4000円まで。なお、「日産フーガ」をベースとした先代「ガリュー」は今年の春先で完売しており、併売はされない。

(webCG 関)

関連キーワード:
ガリューミツオカ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカが「ビュート」の25周年記念特別仕様車を発売 2018.1.18 自動車ニュース 光岡自動車は2018年1月18日、「ビュート」に特別仕様車「マイ ビュート 25周年記念特別仕様車」を設定し、同年1月20日から12月24日までの期間限定で販売すると発表した。
  • 長〜いミツオカ、「ガリューリムジンS50」発売 2008.10.23 自動車ニュース 光岡自動車は2008年10月23日、新型車「ガリューリムジンS50」を発表。同日に発売した。
  • BMW i3s(RR)【海外試乗記】 2018.1.6 試乗記 デビューから4年を経たBMWの電気自動車「i3」に、新グレードの「i3s」が登場。よりパワフルなモーターと専用チューニングの足まわりが採用された電動スポーツモデルの出来栄えを、BMWの電動化戦略の現状とともにお届けする。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る