新型ミツオカ・ガリュー、ティアナを元に誕生

2010.11.11 自動車ニュース
「ミツオカ・ガリュー」
「ミツオカ・ガリュー」一新 ベースは日産ティアナに

「ミツオカ・ガリュー」、「日産ティアナ」をベースにフルモデルチェンジ

光岡自動車は、フラッグシップセダン「我流(ガリュー)」をフルモデルチェンジし、2010年11月12日に発売する。


「ミツオカ・ガリュー」一新 ベースは日産ティアナに

「ミツオカ・ガリュー」は、日産自動車のセダンをベースに、ミツオカがクラシカルなボディを架装したコンプリートカーだ。

そのベースモデルは、これまで日産の“先代”「フーガ」だったが、今回のフルモデルチェンジで「ティアナ」にスイッチ。2009年11月にデビューした現行型「フーガ」は採用されなかった。同社によれば、「現行型『フーガ』はエクステリアが凹凸に富んでおり、クラシカルな『ガリュー』をかたちづくるにはそぐわなかった」とのこと。コスト上の課題もあったという。

そんな新型「ガリュー」のボディサイズは、全長×全幅×全高=4980×1795×1475mm。ベースモデルの「日産ティアナ」より130mm長いものの、先代「ガリュー」に比べれば、スリーサイズはわずかに(10〜30mm)小さい程度だ。
デザインは、従来の「ガリュー」イメージを踏襲するもので、鼻先にはロールス・ロイスを思わせる大きなメッキグリルが、その両側には丸型のヘッドランプが備わる。

インテリアはバッジ以外、ベースの「ティアナ」と全く同一。
機関類もベースモデルと同じもので、FFの3.5リッターV6モデルを頂点に、2.5リッターV6(FF車)、2.5リッター直4(4WD車)がラインナップする。

価格は、368万円から528万4000円まで。なお、「日産フーガ」をベースとした先代「ガリュー」は今年の春先で完売しており、併売はされない。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ガリューの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 長〜いミツオカ、「ガリューリムジンS50」発売 2008.10.23 自動車ニュース 光岡自動車は2008年10月23日、新型車「ガリューリムジンS50」を発表。同日に発売した。
  • 第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャル 2017.3.29 スーパーカークロニクル スーパーカーとは何だろうか。排気量と価格で判断したら、「ロータス・ヨーロッパ」をそう呼ぶのはためらわれる。しかしヨーロッパはまちがいなくスーパーだった。この軽やかさ! レースとの絆は、同時代のフェラーリよりも濃いかもしれない。
  • ミツオカの最上級セダン、ガリューが新型に 2015.9.2 自動車ニュース 光岡自動車は2015年9月2日、フラッグシップセダン「ガリュー」をフルモデルチェンジし、同年9月4日に発売すると発表した。5代目となる新型は、ベース車に現行モデルの「日産ティアナ」を採用。予防安全装備として、自動緊急ブレーキなどを用意している。
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
ホームへ戻る