クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4770×1885×1690mm/ホイールベース=2740mm/車重=1820kg/駆動方式=FF/2.7リッター直4DOHC16バルブ(188ps/5800rpm、25.7kgm/4200rpm)/価格=425万円(テスト車=455万9750円/ヘッドアップディスプレイ=8万4000円/パワーバックドア=5万7750円/ムーンルーフ(チルド&スライド式)=10万5000円/クリアランスソナー=4万2000円/後席SRSサイドエアバッグ=2万1000円)

レクサスRX270アートワークス(FF/6AT)【試乗記】

ダウンサイザー必見 2010.11.11 試乗記 レクサスRX270アートワークス(FF/6AT)
……455万9750円

これまで“V6”のみだった「レクサスRX」に、2.7リッターの直4モデルが追加された。新エンジンとプレミアムSUVの相性は? 市街地からワインディングまで、400km走った印象をリポートする。

デフレ日本仕様

「レクサスRX」に4気筒モデルが追加された。厳密な排気量は2671ccで、車名は“RX270”という。RXでは唯一の……レクサス全体でも「HS250h」に続く2例目のレギュラーガソリン仕様。燃費と価格を重視したモデルなので、複雑で重い4WDはなくてFFのみ。正式発売は2010年8月下旬だから(9月末日を待たずに前倒し終了となった)エコカー補助金狙いではもともとないのだろうが、現在も継続中のエコカー減税(RX270では50%)の恩恵は当然のごとく受けられる仕立てである。

新旧2世代のレクサスRX(国際的には現行RXは3代目、2代目までは日本でだけ「ハリアー」名だった)を並行販売している日本では、これまで「高級車のレクサスRXはV6、従来型継続のハリアーは4気筒」というすみ分け(ハイブリッドだけは両車にあるが)をわざわざしていたわけだが、今のデフレニッポンでは“経済的でお得”であることがすべてに優先される前提条件となってしまっている。それは高級車だろうがSUVだろうが関係なく、レクサスとてそういう風潮にあらがうことができなかったということだろう。

さて、RX270に積まれる2.7リッターエンジンは“1AR-FE”型という。これは昨年初頭に市場投入された最新鋭の大型4気筒エンジンで、これまでは2代目「ハイランダー」や「ヴェンザ」などの北米用モデルに使われているが、国内向けには今回初搭載。「ランクルプラド」や「ハイエース」に使われる縦置き用2.7リッター(2TR-FE型)とも、日本で超おなじみの2AZ-FE(2.4リッター)ともまったく別物のユニットだ。

「RX270」の10・15モード燃費は10.4km/リッター。同じくFFの「RX350」の燃費を、0.7km/リッター上回る。
「RX270」の10・15モード燃費は10.4km/リッター。同じくFFの「RX350」の燃費を、0.7km/リッター上回る。
拡大
装備内容は、上級モデルとそれほど大きくは変わらない。また、「RX270」にもさらに装備の充実した「version S」や「version L」といったパッケージが用意される。今回の試乗車「アートワークス」にはカラードコンソールアッパーパネルやカラーコーディネートシートなどが装備される。
装備内容は、上級モデルとそれほど大きくは変わらない。また、「RX270」にもさらに装備の充実した「version S」や「version L」といったパッケージが用意される。今回の試乗車「アートワークス」にはカラードコンソールアッパーパネルやカラーコーディネートシートなどが装備される。
拡大
特徴的な「RX」のサイドビュー。
特徴的な「RX」のサイドビュー。
拡大

マニュアルモードが欲しい

RX270は当たり前のようによく走る。標準装備類も静粛性対策も充実したレクサスだから、車重は「ハリアー」や「日産ムラーノ」(の2.5リッター)より重いものの、それを大きめの排気量が補っている。ただ、上りこう配などではさすがに余裕たっぷりとはいかない。いや、エントリーモデルが全域でバカッ速である必要はまったくない……のだが、4500rpmあたりからグッと力感とレスポンスを上積みする1AR-FE型の意外にエンスーな特性を、6ATが生かしきれていないのがちょっと歯がゆい。

マニュアル的に操れるSモードでも瞬間的に6000rpm、ほとんど場合は5500rpm前後で自動的にシフトアップしてしまうものだから、上りこう配の高速追い越しや山走りなどで本来のパワーバンドを味わえる領域が非常に狭い。レッドゾーンの始まる6200rpmまできちんと使える完全マニュアルモードは、「RX350」ではあまり必要性を感じなかったが、このRX270ではぜひとも欲しいところだ。

RX270ではエアサスやアクティブスタビライザーなどのフットワーク関連ハイテクの用意はなく、「バージョンS」にのみハードな専用チューンサスがあるだけだ。ちなみに、今回の試乗車は内外装をモード系に仕立てた特別仕様「アートワークス」で、これはノーマルサスに本来はオプションサイズの19インチホイールという組み合わせとなる。

その19インチホイールの影響もあるのか、バネ下が少しゴトゴトする感はあって、高速などでの上下動も小さくはない。ただし、動きそのものはゆったりとしていて、人工的に押さえつけたような感触がないのは個人的には逆に心地いいくらい。

「アートワークス」のインテリア。シート表皮は、カームレッド×カームベージュ×カームグレーを組み合わせた専用デザインとなる。
「アートワークス」のインテリア。シート表皮は、カームレッド×カームベージュ×カームグレーを組み合わせた専用デザインとなる。
拡大
リアシートは、スライド&リクライニング機構付き。
リアシートは、スライド&リクライニング機構付き。
拡大
画像をクリックすると、シートアレンジの様子がみられます。
画像をクリックすると、シートアレンジの様子がみられます。
拡大

軽快なフットワーク

重量級ハイパワーの「RX450h」でさえFFで十分にこなせるように設計されたレクサスRXは、シャシーの基本フィジカル性能がもとから高い。とくに静粛性とリアの盤石スタビリティがRXシャシー本来の特色であり、そこに軽量でパワーも控えめの4気筒を載せて、しかもチューニングが難しいハイテクを省いているわけだから、RX270がナチュラルで素直な走りになるのは当然といえば当然かも。

とくにノーズの軽さは明らかで、安定しきったリアサスを軸にして、Cセグメント車なみに軽快で素直に曲がるハンドリングはちょっとしたサプライズですらある。4気筒のノイズは高回転でそれなりに存在感を示すが、ムラーノと比較しても静かである。

RX270は事前の予想どおり、絶対性能に不足があるわけでもなく、4気筒ならではの軽快さもあり、ナチュラルでさわやかなクルマだった。当たり前だがRXでは最も安い。ただ、それでも価格は似たようなハードウェア構成のムラーノの2.5リッターより約100万円も高く、3.7リッターの「スカイラインクロスオーバー」とほぼ同等。そういうなかでのレクサスRX270の売りは、やはり内外装の質感……とくにまるで陶器のように平滑なボディパネルとそれを生かすデザインが醸し出すエクステリアの高級感だろう。

ところで、市街地から高速、ワインディングまで400kmほど走った今回のRX270の燃費は7.2km/リッターだった。遠慮なく踏みまくった結果とはいえ、最新鋭の欧州製SUVと比較すると意外に伸びない……というのが率直な印象だ。そこには「燃費を売りにするのにハイオク指定なんて本末転倒!」という日本特有の事情も無関係ではない。現在の日本のレギュラーガソリン規格はたしか89オクタン以上だが、欧州と同等の95オクタンくらいを想定しないと、日本の(国内向け)エンジンを劇的に高効率化させるのは難しいという。

(文=佐野弘宗/写真=荒川正幸)

カラードグリル、カラードヘッドランプエクステンション、カラードアルミホイールは、「アートワークス」の専用アイテム。
カラードグリル、カラードヘッドランプエクステンション、カラードアルミホイールは、「アートワークス」の専用アイテム。
拡大
軽快な身のこなしは「RX270」ならではの美点だ。
軽快な身のこなしは「RX270」ならではの美点だ。 拡大

レクサスRX270アートワークス(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大