ボルボ、「V50」「V70」の特別限定車発売

2010.11.10 自動車ニュース
「V50 2.0e Nordic」
ボルボ、インテリアにこだわった3種の特別仕様車発売

ボルボ、インテリアにこだわった3種の特別仕様車発売

ボルボカーズジャパンは2010年11月9日、ステーションワゴン「V50」「V70」をベースとした3台の特別仕様車「V50 2.0e Nordic」「V70 Cranberry」「V70 2.5T Inscription」を発売した。

「V50 2.0e Nordic」のインテリア。日本仕様は右ハンドルとなる。
ボルボ、インテリアにこだわった3種の特別仕様車発売

■「V50 2.0e Nordic」

「V50 2.0e Nordic」は、ベーシックグレードとなる「V50 2.0e POWERSHIFT」をベースとし、スカンジナビアンデザインを採り入れたウッド内装が特徴。
北欧デザイナーズチェアに見られる、木材を重ね合わせたプライウッドを用いた「ノルディックライトオークウッドパネル」と、寄木細工のような仕上がりの「ノルディックライトオークウッドロールトップ」をインテリアに付与。さらに、デュアル・キセノンヘッドライト、ルーフレール、本革巻ステアリングホイール/シフトノブなど人気装備も与えられる。

ハンドル位置は右のみで、ボディカラーは4色を用意。価格はベース車より20万円高の319万円、100台限定で販売される。

「V70 Cranberry」
ボルボ、インテリアにこだわった3種の特別仕様車発売
「V70 Cranberry」のインテリア。日本仕様は右ハンドルとなる。
ボルボ、インテリアにこだわった3種の特別仕様車発売

■「V70 Cranberry」

ベーシックグレード「V70 Nordic」をベースに、クランベリーカラーの本革シートを特別装備したのが「V70 Cranberry」。インテリアカラーはアンスラサイトブラックとなり、シートカラーとのコントラストは、「スカンジナビアン・ラグジュアリー」(プレスリリース)と表現される。

このほか、ルーフレール、ダークティンテッドガラス、助手席パワーシート、シートヒーターも採用され、セキュリティ機能の「PCCキーレスドライブ/ボルボガードシステム」も装着される。

価格は469万円。ベース車にレザーパッケージを装着した価格より10万円安く設定された。こちらも右ハンドルのみの用意で、100台限定で販売される。

「V70 2.5T Inscription」
ボルボ、インテリアにこだわった3種の特別仕様車発売
「V70 2.5T Inscription」のインテリア。日本仕様は右ハンドルとなる。
ボルボ、インテリアにこだわった3種の特別仕様車発売

■「V70 2.5T Inscription」

「V70 2.5T LE」をベースに、最上級インテリア仕様に仕立てられたというモデルが「V70 2.5T Inscription」だ。専用のパーフォレーテッド・プレミアム・ソフトレザーシート(前席ベンチレーション機能付)、アルミニウムパネル、カラーコーディネートフロアマット、スカッフプレート(フロント)を装備した、特別のインテリア「Inscription Program」が採用された。

加えて、ガラスサンルーフ、18インチアルミホイール“Fortuna”、セキュリティ機能の「PCCキーレスドライブ/ボルボガードシステム」も与えられる。

価格は514万円。これらの特別装備にしてベース車の15万円高というお買い得車でもある。右ハンドルのみ、100台限定の販売。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V70の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボV90クロスカントリー 2016.9.28 画像・写真 スウェーデンのボルボはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で「V90クロスカントリー」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】 2016.8.2 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • ボルボXC60 T5 AWDクラシック(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.31 試乗記 デビューから8年。モデルサイクル終盤を迎えた「ボルボXC60」に、装備充実のグレード「クラシック」が設定された。ボルボの新世代エンジンと4WDシステムの組み合わせは、どのような走りを実現したのか。特別装備の使い勝手を含めてリポートする。
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
ホームへ戻る