ボルボ、「V50」「V70」の特別限定車発売

2010.11.10 自動車ニュース
「V50 2.0e Nordic」
ボルボ、インテリアにこだわった3種の特別仕様車発売

ボルボ、インテリアにこだわった3種の特別仕様車発売

ボルボカーズジャパンは2010年11月9日、ステーションワゴン「V50」「V70」をベースとした3台の特別仕様車「V50 2.0e Nordic」「V70 Cranberry」「V70 2.5T Inscription」を発売した。

「V50 2.0e Nordic」のインテリア。日本仕様は右ハンドルとなる。
ボルボ、インテリアにこだわった3種の特別仕様車発売

■「V50 2.0e Nordic」

「V50 2.0e Nordic」は、ベーシックグレードとなる「V50 2.0e POWERSHIFT」をベースとし、スカンジナビアンデザインを採り入れたウッド内装が特徴。
北欧デザイナーズチェアに見られる、木材を重ね合わせたプライウッドを用いた「ノルディックライトオークウッドパネル」と、寄木細工のような仕上がりの「ノルディックライトオークウッドロールトップ」をインテリアに付与。さらに、デュアル・キセノンヘッドライト、ルーフレール、本革巻ステアリングホイール/シフトノブなど人気装備も与えられる。

ハンドル位置は右のみで、ボディカラーは4色を用意。価格はベース車より20万円高の319万円、100台限定で販売される。

「V70 Cranberry」
「V70 Cranberry」
「V70 Cranberry」のインテリア。日本仕様は右ハンドルとなる。
「V70 Cranberry」のインテリア。日本仕様は右ハンドルとなる。

■「V70 Cranberry」

ベーシックグレード「V70 Nordic」をベースに、クランベリーカラーの本革シートを特別装備したのが「V70 Cranberry」。インテリアカラーはアンスラサイトブラックとなり、シートカラーとのコントラストは、「スカンジナビアン・ラグジュアリー」(プレスリリース)と表現される。

このほか、ルーフレール、ダークティンテッドガラス、助手席パワーシート、シートヒーターも採用され、セキュリティ機能の「PCCキーレスドライブ/ボルボガードシステム」も装着される。

価格は469万円。ベース車にレザーパッケージを装着した価格より10万円安く設定された。こちらも右ハンドルのみの用意で、100台限定で販売される。

「V70 2.5T Inscription」
「V70 2.5T Inscription」
「V70 2.5T Inscription」のインテリア。日本仕様は右ハンドルとなる。
「V70 2.5T Inscription」のインテリア。日本仕様は右ハンドルとなる。

■「V70 2.5T Inscription」

「V70 2.5T LE」をベースに、最上級インテリア仕様に仕立てられたというモデルが「V70 2.5T Inscription」だ。専用のパーフォレーテッド・プレミアム・ソフトレザーシート(前席ベンチレーション機能付)、アルミニウムパネル、カラーコーディネートフロアマット、スカッフプレート(フロント)を装備した、特別のインテリア「Inscription Program」が採用された。

加えて、ガラスサンルーフ、18インチアルミホイール“Fortuna”、セキュリティ機能の「PCCキーレスドライブ/ボルボガードシステム」も与えられる。

価格は514万円。これらの特別装備にしてベース車の15万円高というお買い得車でもある。右ハンドルのみ、100台限定の販売。

(webCG 本諏訪)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.7.15 試乗記 今や4ドア車やSUVにもクーペを展開するメルセデス・ベンツだが、“メルセデスのクーペ”といえば昔からこれ、やはり「Eクラス クーペ」にとどめを刺す。中間的なグレード「E300クーペ スポーツ」に試乗し、本家本元の実力を探った。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記 日産のミドルクラスSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」の設定が話題となっているが、実際に試乗してみると、そのほかにも注目すべきトピックにあふれるクルマに仕上がっていた。
  • シトロエン、「C3」をフルモデルチェンジ 2017.7.7 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年7月7日、新型「シトロエンC3」を発表し、同日発売した。1.2リッター直3ガソリンターボ(110ps、205Nm)+6段ATのみの設定で、ハンドル位置は右。車両価格は216万円から。
ホームへ戻る