フェアレディZがイメージカラー変更 機能追加も

2010.11.09 自動車ニュース

「日産フェアレディZ」がイメージカラー変更 機能追加も

日産自動車は、「フェアレディZ/フェアレディZロードスター」の仕様を一部変更し、2010年11月9日に発売した。

今回、いままでのイメージカラー「ブレードシルバー」が廃され、やや渋めの新色「ダークメタルグレー」が採用された。選べる色数は8色のままだ。

操作に関する部分にも手が加えられた。エアコンスイッチの表示が変更され操作性が向上。AT車には、シフトアップインジケーターが追加された。

また、これまで単体のディーラーオプションだったバックビューモニターは、カーウイングスナビゲーションシステムとセットのメーカーオプションになった。

価格は、「フェアレディZ」が364万3500円から448万3500円。オープンの「フェアレディZロードスター」が435万7500円から509万2500円。

(webCG 関)

 
フェアレディZがイメージカラー変更 機能追加もの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フェアレディZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2013.9.17 試乗記 日産の「NISMOブランド戦略」に基づくラインナップとして、装いも新たに登場した「フェアレディZ NISMO」。「フェアレディZ バージョンNISMO」発表から4年という歳月が流れ、このスポーツカーの何が古くなり、何が財産として残ったのか?
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • 第403回:神は細部に宿る
    「日産ノートe-POWER」に“技術の日産”の神髄を見た
    2017.4.15 エディターから一言 不利と言われたシリーズ式ハイブリッドで、クラストップレベルの燃費性能を実現! 高い環境性能と他のモデルとは一線を画すドライブフィールをかなえた「日産ノートe-POWER」は、どのようにして誕生したのか? 開発者にエピソードを聞いた。
ホームへ戻る