フェアレディZがイメージカラー変更 機能追加も

2010.11.09 自動車ニュース

「日産フェアレディZ」がイメージカラー変更 機能追加も

日産自動車は、「フェアレディZ/フェアレディZロードスター」の仕様を一部変更し、2010年11月9日に発売した。

今回、いままでのイメージカラー「ブレードシルバー」が廃され、やや渋めの新色「ダークメタルグレー」が採用された。選べる色数は8色のままだ。

操作に関する部分にも手が加えられた。エアコンスイッチの表示が変更され操作性が向上。AT車には、シフトアップインジケーターが追加された。

また、これまで単体のディーラーオプションだったバックビューモニターは、カーウイングスナビゲーションシステムとセットのメーカーオプションになった。

価格は、「フェアレディZ」が364万3500円から448万3500円。オープンの「フェアレディZロードスター」が435万7500円から509万2500円。

(webCG 関)

関連キーワード:
フェアレディZフェアレディZロードスター日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • 日産フェアレディZ バージョン NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2009.8.20 試乗記 日産フェアレディZ バージョン NISMO(FR/6MT)
    ……527万8350円

    新型「フェアレディZ」に、ド派手なエアロで武装したスペシャルバージョンが登場。日産のモータースポーツ部門「NISMO」の名を冠するニューモデルの走りや、いかに?
  • 第1回:検証“2リッター・カマロ”の魅力と実力 2018.6.29 シボレー・カマロに宿るモダンアメリカンの魅力<PR> 50年を超える歴史を持つ、アメリカを代表するスペシャリティーカー「シボレー・カマロ」。その魅力を探るべく、2リッターの高出力ターボエンジンを積んだコンバーチブルでツーリングを実施。今どきのアメリカ車だけに許された、豊かな味わいに触れた。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)/up! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.7.6 試乗記 日本において13年ぶりに出そろったフォルクスワーゲンGTI 3兄弟の中から、デビューしたての最新モデル「up! GTI」と「ポロGTI」に試乗。他のホットハッチとは一味違う、抑えのきいたGTIならではの妙味に触れた。
  • スバル・フォレスター プレミアム/フォレスターX-BREAK/フォレスター アドバンス【試乗記】 2018.7.5 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・フォレスター」に試乗。従来型と並べても「どっちが新しいの?」という感じの見た目に対して、新型パワーユニットやドライバーモニタリングシステムなど、中身には新機軸がてんこ盛り。伊豆のクローズドコースでその出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る