メルセデスCLがフェイスリフト、新エンジン採用

2010.11.08 自動車ニュース

メルセデスCLがフェイスリフト、新エンジン採用

メルセデスCLがフェイスリフト、新エンジン採用

メルセデス・ベンツ日本は2010年11月8日、最上級クーペ「CLクラス」をフェイスリフト。新エンジンも搭載し、発売した。

■安全装備をアップデート

2010年7月に本国で発表された新しい「CLクラス」が、日本に上陸した。
従来型よりプラットフォームを受け継ぐフェイスリフトモデルではあるものの、2種の新エンジンの採用は見逃せないポイントである。

エクステリアでは、LEDを使用したフロント/テールランプやバンパー、グリルなどに新デザインを採用。精悍(せいかん)さと高級感の向上が図られた。インテリアは、新色やウッドトリムの設定が追加されたほか、ステアリングホイールのデザインが新しくなった。

安全装備の充実もトピックだ。ヘッドライトの照射範囲を自動的にコントロールする「アダプティブハイビームアシスト」や、ドライバーの疲労を検知して注意を促す「アテンションアシスト」を新採用。夜間走行時に前方を赤外線カメラで認識し、モニターに表示する「ナイトビューアシスト」は、歩行者検知機能付きの「ナイトビューアシストプラス」にアップデートされている。

さらに、操舵(そうだ)角によってギア比が変化する「ダイレクトステアリング」や、高速でのコーナリング時などにそれぞれの車輪を制御して車両姿勢を安定方向にコントロールする「トルクベクトリングブレーキ」も、新たに装備された。

「CL550 ブルーエフィシェンシー」が搭載する、4.7リッターV8直噴ツインターボエンジン。
「CL550 ブルーエフィシェンシー」が搭載する、4.7リッターV8直噴ツインターボエンジン。

メルセデスCLがフェイスリフト、新エンジン採用の画像

メルセデスCLがフェイスリフト、新エンジン採用の画像

■V8ユニット2種がダウンサイジング

標準グレード「CL550」は、従来の5.5リッターV8ユニットに代え、4.7リッターV8エンジンを新たに採用。直噴化し2基のターボチャージャーで過給することで、最高出力435psと最大トルク71.4kgmを発生させる。一方燃費は、約3割の改善を果たしたという。また今回ダウンサイジングされた新ユニットの採用にあわせ、グレード名に「ブルーエフィシェンシー」の名が冠された。
トランスミッションは7段AT「7G-TRONIC」が組み合わされる。

ハイパフォーマンスモデル「CL63 AMG」にも新ユニットが搭載された。こちらもやはり6.2リッターV8から5.5リッターV8へとダウンサイジング。しかしながらエンジンスペックは、ツインターボの助けもあって最高出力544ps、最大トルク81.6kgmとなり、19psと10.2kgm上乗せされている。
トランスミッションも改められ、湿式多版クラッチを用いた2ペダルの7段MT「AMGスピードシフトMCT」が採用された。スポーティモデルでありながら、アイドリングストップ機構「ECOスタートストップ」が備わることも新しい。パワートレインの変更による燃費改善は、約5割とアピールされる。
なお、CL63 AMGには、エクステリアやインテリアがスポーティに飾られるほか、エンジンパフォーマンスも571psと91.8kgmとより強力になる「AMGパフォーマンスパッケージ」がオプションで用意される。

5.5リッターV12エンジン搭載の「CL600」は、従来型ユニットを引き続き採用。「CL65 AMG」の6リッターV12エンジンは、エンジン制御の見直しなどで、629psにパワーアップされると同時に、排ガスのクリーン化も図られた。

「CL550ブルーエフィシェンシー」のみ左右ハンドル位置を選ぶことができ、他は左ハンドルのみが用意される。各グレードの価格は以下のとおり。

CL550 ブルーエフィシェンシー:1630万円
CL600(受注生産):2056万円
CL63 AMG:2275万円
CL65 AMG(受注生産):3020万円

(webCG 本諏訪)

関連記事
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る