BASF、自動車用の高機能プラスチックを発表

2010.11.08 自動車ニュース

金属に代わるプラスチック? BASFが自動車用の高機能樹脂を発表

BASFジャパンは2010年11月8日、都内で説明会を開き、自動車部品用の高機能プラスチックを開発したと発表した。

■プラスチックで省エネを

原油価格の上昇やCO2排出量の増加により、自動車の燃費性能に対する要求が高まるなか、ドイツの総合化学メーカー BASFが、その対応策として新たなプラスチックを開発。同社の日本法人 BASFジャパンが、都内で説明会を開催した。

「プラスチックで燃費がよくなる」と言ってもピンとこないかもしれないが、つまりは、自動車の構成部品として使われている金属を「金属に劣らぬ強度と耐熱性をもつ樹脂」に代えることで、車体を軽量化。移動に要するエネルギーを小さくして燃料の消費量を抑えよう、というセオリーである。

今回同社が開発した新しいプラスチックは、「ガラス繊維強化ポリアミド」と呼ばれる物質で、用途によって4種類の製品が用意される。
強度に優れ、シートの補強材などに用いられるもの(ウルトラミッド・ストラクチャー)もあれば、成型前の流動性が高く、電子回路のプレートなど、精度が要求されるパーツの成型に適したもの(ウルトラミッド・ハイスピード)もある。

リサイクルできる「ウルトラミッド S バランス」は、塩化カルシウムや加水分解に対しての耐性に優れ、除雪剤から車体を守るアンダーパネル、冷却水のタンクや配管、オイルパンに使用可能。
一方、220度の高熱に長時間耐えられる「ウルトラミッド・エンデュアー」は、エンジンの補器類、すなわち吸気パイプや、スロットルバルブ、インタークーラーのキャップなどに使える。この樹脂化により、エンジンの総重量は約4kg軽くなるという。

こうした特性をもつ「高機能プラスチック」はこれまでも存在したものの、金属パーツに比べて大変高価なのが欠点。BASFでは、高度な成型シミュレーションや大量生産により、他社従来品の10分の1程度にまで価格を抑制。元の金属パーツに比べて高いか安いかはモノによりけりとのことだが、価格競争力のある高機能パーツとして、今後、日本を含む世界の自動車メーカーに採用を促していくという。

(webCG 関)

新たなプラスチック素材について解説する、BASFサウス・イースト・アジアのハーマン・アルトフ氏。
新たなプラスチック素材について解説する、BASFサウス・イースト・アジアのハーマン・アルトフ氏。
現在、自動車1台あたりのポリアミド使用量は、日本が10kgで欧州が倍の20kg。最新のクルマでは、新型「BMW5シリーズ」に33kg採用されている。
現在、自動車1台あたりのポリアミド使用量は、日本が10kgで欧州が倍の20kg。最新のクルマでは、新型「BMW5シリーズ」に33kg採用されている。
BASFジャパンの鈴木孝雄氏。BASFの高機能プラスチックは、すでに韓国の現代・起亜グループが採用済み。まだ実績はないものの、今後、日本メーカーにも普及を促したいとのこと。
BASFジャパンの鈴木孝雄氏。BASFの高機能プラスチックは、すでに韓国の現代・起亜グループが採用済み。まだ実績はないものの、今後、日本メーカーにも普及を促したいとのこと。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。