「日産セレナ」がフルモデルチェンジ

2010.11.08 自動車ニュース

「日産セレナ」がフルモデルチェンジ、4代目へ

日産自動車は2010年11月8日、5ナンバーサイズミニバン「セレナ」の新型を発表した。11月29日に発売する。

■エコモデルチェンジ

モデルチェンジのたびに販売台数を伸ばし、直近3年間連続でミニバン販売台数No.1の座を獲得したベストセラーミニバン「セレナ」が、およそ5年ぶりにフルモデルチェンジ。4代目となる新型が発表された。

新型では、セレナのDNAとうたう「室内空間の広さ」と「使い勝手の良さ」を進化させたうえ、燃費などのエコ性能もアップさせたという。日産が推し進める「PURE DRIVE」シリーズの第4弾車種として扱われ、今回の刷新も「エコモデルチェンジ」と大々的にアピールされた。

新開発の2リッター直4ガソリン直噴エンジンを全グレードに搭載、エクストロニックCVTが組み合わせられる。アイドリングストップシステムも用意され、10・15モード燃費は15.4km/リッター(FF、アイドリングストップシステム搭載車)を記録する。

ブームと言えるほど増えたミニバンの台数は、ピークを過ぎ減少してはいるものの、「セレナ」が属するMクラス(5ナンバーサイズ)ミニバンの販売は安定した推移を続けているという。新型セレナは月の販売目標を5400台として、「トヨタ・ノア/ヴォクシー」「ホンダ・ステップワゴン」などのライバルとシェアを争うことになる。

価格は216万3000円から285万6000円まで。

■開放感をアピール

ボディサイズは全長×全幅×全高=4685×1695×1840mm(FF、標準車)と、従来型より5mm短く15mm高くなった。ホイールベースは2860mmと変わらない。

エクステリアデザインはシンプルなラインで構成されたもので、「家族を包み込むカプセル」をコンセプトとしたという。運転席/助手席のウィンドウには、従来型より引き継がれる階段状の「シュプールライン」が描かれ、テールランプにも従来型の面影が見て取れる。面積の広いサイドウィンドウは、クラス最大のガラス面積をうたう。

「クルーザーのアッパーキャビン」をイメージしたという運転席は、前後に長いフロントウィンドウと大きな三角窓によって、開放感が追求された。ステアリングホイールの間からではなく、リム上からのぞき込むスタイルのメーターパネルも特徴的。2列目は3人掛けとなるが、中央席は折り畳むことでテーブルなどに変化し、さらに1列目まで前にスライドすることも可能。ウォークスルー可能な状態を簡単に作ることができる。
3列目シートは従来型同様、左右跳ね上げ式を採用する。しかしながら、跳ね上げ位置を下げた「スマートアップサードシート」とすることで、後方視界をさえぎることなく、荷室を拡大することができるようになった。

なお、パワースライドドアはドアノブを引かずに、プッシュボタンによって開けることもできるよう改良された。

■アイドリングストップにも新機構

エンジンは、排気量は従来と変わらず2リッターNAだが、直噴化され、同時に吸排気側両方にバルブタイミング機構を採り入れた(従来は吸気側のみ)新開発ユニットの「MR20DD」が搭載される。燃焼効率を高め、さらに各部の低フリクション化を進めることで、最高出力147ps(4WDは144ps)、最大トルク21.4kgm(同21.1kgm)と、従来型より18psと2.3kgm上乗せされた。

組み合わされるのは、日産お得意のエクストロニックCVT。ギアレンジを広くとることで、低回転域では力強い加速を、高回転域では燃費に貢献する走行を実現することができるという。駆動方式はFFのほか、全グレードで4WDもラインナップする。

なお、ベーシックグレードを除く全車に、アイドリングストップ機構が装備される。スターターモーターを使わず、ベルトで直接クランクを回すため、再始動時「キュルキュル」と音が鳴らず、静かなことも特徴。再始動も0.3秒(日産社内計測値)とスピーディさがうたわれる。

「エコドライブナビゲーター」をはじめ、瞬間燃費計やアイドリングストップタイマー(アイドリングストップ装着車のみ)も備わり、ドライバーのエコ運転をサポートする。

■静粛性を向上

新型セレナは、「デュアリス」や「エクストレイル」と同じく「Cプラットフォーム」が用いられる。サスペンション形式は、前:独立懸架ストラット式/後:トーショーンビーム式(4WDはトレーリングアーム式マルチリンク)を採用する。

従来型に比べ、ボディの剛性をアップしたことにより、不快な振動を抑制。静粛性も従来型より高められ、快適な居住空間を作り出すという。さらに上級グレード「ハイウェイスター」では、ハイスピードダンピングコントロールショックアブソーバーを採用し、低速でフワフワせず、高速でゴツゴツしない乗り心地を実現したという。
横滑り防止機構のVDCは、ベーシックグレードを除く全車に標準装備される。

オプションでは、駐車時に便利な「アラウンドビューモニター」やiPod接続が可能なカーウイングスナビゲーションシステム、後席乗員用の11インチ大型ワイドモニターなどが用意される。

ラインナップと価格は以下のとおり。

20S:216万3000円(FF)/243万6000円(4WD)
20X:233万1000円(FF)/260万4000円(4WD)
20G:258万3000円(FF)/285万6000円(4WD)
ハイウェイスター:249万9000円(FF)/276万1500円(4WD)

■「ライダー」もフルモデルチェンジ

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンからは、カスタマイズモデルの「セレナ ライダー」が発売される。

エクステリアに、専用デザインのバンパーとグリル、サイドシルプロテクターなどを付与。インテリアもブラック基調とされ、専用シート地や本革巻きステアリングホイールなどが装備される。ベース車は「20X」となるが、ハイウェイスター用のサスペンションがおごられるのもセリングポイント。

価格は、FFが269万8500円、4WDが296万1000円。

(webCG 本諏訪)


「日産セレナ」がフルモデルチェンジの画像 拡大
「親子で出かける時の、一番のミニバンになりたい」と、新型「セレナ」の展望を語る、日産自動車の志賀俊之COO。
「親子で出かける時の、一番のミニバンになりたい」と、新型「セレナ」の展望を語る、日産自動車の志賀俊之COO。 拡大
従来型では販売台数の半数以上を占めたという人気グレード「ハイウェイスター」。
従来型では販売台数の半数以上を占めたという人気グレード「ハイウェイスター」。
拡大

「日産セレナ」がフルモデルチェンジの画像 拡大
2列目に備わるロールサンシェードは全グレードで標準装備。ヘッドレスト両端は前に倒すことができる「リラックスモード」付き。
2列目に備わるロールサンシェードは全グレードで標準装備。ヘッドレスト両端は前に倒すことができる「リラックスモード」付き。 拡大
荷室長は最大で1720mmまで拡大。3列シートの跳ね上げが低いことで、自転車のハンドルも引っかからずに収納することが可能だという。
荷室長は最大で1720mmまで拡大。3列シートの跳ね上げが低いことで、自転車のハンドルも引っかからずに収納することが可能だという。
拡大

「日産セレナ」がフルモデルチェンジの画像 拡大

「日産セレナ」がフルモデルチェンジの画像 拡大
「セレナ ライダー」
「セレナ ライダー」 拡大

関連キーワード:
セレナ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産セレナe-POWERハイウェイスターV(FF)【試乗記】 2018.2.28 試乗記 日産の電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した、その名も「セレナe-POWER」が新登場。クローズドコースでの試乗を通じて、先にデビューした「ノートe-POWER」との違いや、ファミリーカーに採用した意義について考えた。
  • 日産セレナ(前編) 2016.8.24 画像・写真 5代目となった日産の主力ミニバン「セレナ」。車内空間は従来モデルより室内長と室内幅を拡大。より多彩となったシートアレンジや、「デュアルバックドア」の採用なども特徴となっている。より使い勝手を増した新型セレナの姿を、写真で紹介する。
  • 日産セレナe-POWERハイウェイスターV(FF)【試乗記】 2018.4.9 試乗記 「日産セレナe-POWER」に試乗。高い効率性がうたわれる日産自慢の電動パワーユニット、e-POWER。500kmのドライブでその実用燃費を検証するとともに、ファミリーカーのあるべき姿について考えた。
  • 日産セレナNISMO(FF/CVT)【試乗記】 2018.2.23 試乗記 「日産セレナ」に、見た目と走りをスポーティーに仕立てた「セレナNISMO」が登場。日産のモータースポーツ部門の名を冠したミニバンは、ドライバーのスポーツドライビング欲求を満たすのみにあらず! 同乗する家族も幸せにする、トータル性能の高い一台に仕上がっていた。
  • BMW C400X(MR/CVT)【レビュー】 2018.7.7 試乗記 BMWがスーパースポーツやアドベンチャーモデルの知見を投入して開発した「C400X」。アーバンモビリティー市場への参入をもくろむドイツの雄の切り札は、350ccクラスの“スクーター”でありながら、走る楽しさに満ちた一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る