三菱、「i-MiEV」を一部改良

2010.11.08 自動車ニュース

三菱、「i-MiEV」を一部改良 車両接近通報装置を搭載

三菱自動車は2010年11月4日、電気自動車「i-MiEV」に、車両接近通報装置を追加するなど一部改良を行い、発売した。

■静粛性やブレーキフィールが向上

三菱自動車は、2010年4月に個人向け販売を開始した「i-MiEV」に、一部改良を加えた。今回の改良では、25km/h以下で走行中に、人工走行音を発生し、歩行者などに車両の接近を知らせる「車両接近通報装置」が標準装着された。なお従来モデルに同装置の装着を希望するユーザーには、ディーラーオプションとして提供される(11月中旬発売予定・取付工賃込み価格は3万7800円)。

機関面では、高速走行時のモーター音やブレーキ負圧電動ポンプの作動音低減により静粛性が高められたほか、フロントブレーキのキャリパー剛性アップや摩擦材変更により、ブレーキフィールの向上も図られた。また、走行中にアクセルとブレーキを同時に踏んだ場合、ブレーキを優先するブレーキオーバーライド制御が追加された。

また、操作ミスによるバッテリーあがりを防ぐため、パワースイッチ切り忘れ警告ブザーやACCオートカット機能、ルームランプオートカット機能が追加された。

ボディカラーは、ブラックマイカとミスティックバイオレットパールのモノトーン2色が追加され、計10色展開となった。

販売方式については、従来メンテナンスリース方式のみだったのが、新たに現金販売も開始された。現金購入ユーザーには、メンテナンスパック「ハーティプラスメンテナンス」が提供される。

価格は据え置きで、398万円。

(webCG 曽宮)

「三菱i-MiEV」
「三菱i-MiEV」
充電ガンは、端子部の保護キャップと、盗難・イタズラ防止用の鍵付け穴が追加された、新形状のものに変更された。
充電ガンは、端子部の保護キャップと、盗難・イタズラ防止用の鍵付け穴が追加された、新形状のものに変更された。
充電ケーブルは、より幅広い種類の充電器に対応できるよう、形状変更やアダプター追加などの対策が講じられた。
充電ケーブルは、より幅広い種類の充電器に対応できるよう、形状変更やアダプター追加などの対策が講じられた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

i-MiEVの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱「i-MiEV」マイナーチェンジモデルを写真で紹介 2011.7.6 画像・写真 2011年7月6日にマイナーチェンジした電気自動車「三菱i-MiEV」を写真で紹介。
  • 三菱i-MiEV G(MR/1AT)/M(MR/1AT)【試乗記】 2011.9.7 試乗記 三菱i-MiEV G(MR/1AT)/M(MR/1AT)
    ……387万3500円/283万1100円

    マイナーチェンジを受け、ラインナップが拡充した「三菱i-MiEV」。電池容量が異なる「G」と「M」を、箱根で乗り比べた。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.11.15 試乗記 オーテックジャパンが、自社の創立30周年を記念してリリースした、30台限定のスペシャルモデル「日産マーチ ボレロA30」。オーテックが、持てるリソースのすべてを注いで作り上げた“特別なマーチ”の走りをリポートする。
  • 三菱 i-MiEV(MR/1AT)【試乗記】 2009.10.2 試乗記 三菱 i-MiEV(MR/1AT)
    ……481万9500円

    話題のEV、「三菱i-MiEV」の日常的な使い勝手を確認すべく、市街地や高速道路を走り、充電を試みた。そんなさなか、に気付いた、EVならではの喜びとは?
ホームへ戻る