第18戦ブラジルGP決勝結果【F1 2010 速報】

2010.11.08 自動車ニュース

【F1 2010 速報】第18戦ブラジルGP、ベッテル優勝、タイトル決定は最終戦へ

F1世界選手権第18戦ブラジルGP決勝が、2010年11月7日、ブラジルはサンパウロにあるアウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ(通称インテルラゴス/4.309km)を71周して行われた。

前戦韓国GPでポイントリーダーに躍り出たフェルナンド・アロンソのタイトル獲得がかかった1戦。フタをあけてみれば、やはりレッドブル・ルノーの速さが抜きん出ていた。セバスチャン・ベッテルが今シーズン4度目の優勝。チームメイトでありチャンピオンを争うライバルでもあるマーク・ウェバーとともに、レッドブルは今年4回目の1-2フィニッシュを達成した。ドライバーズチャンピオン決定は1週間後の最終戦アブダビGPへ持ち越されたが、コンストラクターズタイトルはレッドブルが獲得した。

3位に入ったフェラーリのアロンソは、ペースこそ上位2台に敵わなかったが、引き続きランキングトップをキープしたまま、2位ウェバーに8点差をつけ、優位な立場から自身3度目のタイトルを目指す。

レッドブル、フェラーリに水をあけられたマクラーレン・メルセデスは、ルイス・ハミルトンが4位、ジェンソン・バトンは5位でフィニッシュ。2009年チャンプのバトンは数字上タイトル争いから脱落し、ハミルトンは首位アロンソから24点後方でかろうじて可能性を残しているが、栄冠争奪戦はアロンソ、ウェバー、ベッテルの3人に絞られたといっていいだろう。

ニコ・ロズベルグ6位、ミハエル・シューマッハー7位とメルセデス勢がタンデム入賞、雨の予選で衝撃的な初ポールポジションを獲得したウィリアムズ・コスワースのルーキー、ニコ・ヒュルケンベルグは結局8位でチェッカードフラッグを受けた。ルノーのロバート・クビサ9位、そしてザウバー・フェラーリの小林可夢偉が10位で3戦連続入賞を果たした。

以下、11位ハイメ・アルグエルスアリ(トロロッソ・フェラーリ)、12位エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)、13位セバスチャン・ブエミ(トロロッソ)、14位ルーベンス・バリケロ(ウィリアムズ)、15位フェリッペ・マッサ(フェラーリ)、16位ビタリー・ペトロフ(ルノー)、17位ニック・ハイドフェルド(ザウバー)、18位ヘイキ・コバライネン(ロータス・コスワース)、19位ヤルノ・トゥルーリ(ロータス)、20位ティモ・グロック(バージン・コスワース)、21位ブルーノ・セナ(HRTコスワース)、22位クリスチャン・クリエン(HRT)が完走した。

ランキングトップのアロンソは246点、2位ウェバーは8点差の238点、3位ベッテルは15点離れて231点だ。残る最大獲得ポイントは25点。2010年最後のレースは、激しい三つ巴の戦いとなる。
レッドブルは総ポイントを469点とし、2005年の参戦から6年目で初のコンストラクターズタイトルを勝ち取った。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。