第415回:感傷試乗「フィットハイブリッド」 
ニッポンから魔球がひとつ消えた日

2010.11.08 エッセイ

第415回:感傷試乗「フィットハイブリッド」 ニッポンから魔球がひとつ消えた日

「プリウス」は大リーグボールだった!

とうとうこういう日が来てしまいましたか……「ホンダ・フィットハイブリッド」。先日、お台場の試乗会で乗ってきました。30.0km/リッターという10・15モード燃費や、そのわりに力のある98psのシステム出力、“ノーマル”フィットとほとんど変わらない十分な居住性やラゲッジスペースなどに驚き、最初の2週間で受注約2万1000台という成績にも納得し、すばらしさを体感したわけです。でも同時に、恋の終わりじゃないけど、一抹の寂しさも感じてしまったんですね。とあるひとつの幻想が終わってしまったことを。

それは“魔球”としてのハイブリッドだ。1997年に初代「トヨタ・プリウス」が出た時のことだけど、俺はハイブリッドって、名作マンガ『巨人の星』でいう「大リーグボール」のようなもんだと感じてたのね。
基本ガソリンエンジン車だけど、時折どころか、しょっちゅう電気モーターが介入し、時にはそれのみで走る。それは燃費を著しく改善するのはもちろん、フィーリングがキテレツ。特に初代プリウスは、ステアリングもブレーキも違和感丸出しで、それまで“フツー”のクルマだけだった日本自動車界に、突如現れた“魔球”だった。

味の強いコーラからいきなりミネラルウォーターに切り替えたようなピュアで透明感のある味わい。いままであったテイストがなく、なかったテイストがあり、他ライバルは当分マネできない。実際、次にトヨタ以外から、マトモに使えてたくさん売れるハイブリッド、2代目「ホンダ・インサイト」が出るまでに10年以上かかってるし。やっぱりその実力は飛び抜けていた。

古典的クルマ好きからすると「物足りない」。だが後ろから来た波に押されるような、不思議な加速感を俺は嫌いじゃなかったし、確実に新時代の訪れを感じたもの。でもねぇ。それがこんなにフツーになっちゃったとは!

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』