メルセデスRクラス よりシャープな顔つきに

2010.11.05 自動車ニュース

「メルセデスRクラス」がより精悍な顔つきに

メルセデス・ベンツ日本は2010年11月4日、内外装が大幅に変更されたミニバン「Rクラス」を発売した。

メルセデス・ベンツの7人乗り大型ミニバン「Rクラス」。今回マイナーチェンジが実施され、フロントまわりを中心にエクステリアデザインは大幅変更。インテリアもシート素材などが見直された。

従来丸みを帯びていたフロントの意匠は、新設計のヘッドランプや大型ラジエーターグリル、LEDポジショニングランプを組み込んだパンバーの採用で、ボディのワイド感を強調した精悍(せいかん)なものに変更。リアについても、LEDを用いたコンビネーションランプやエグゾーストと一体化されたリアバンパーなどにより、スポーティさが演出された。
インテリアは、シート表皮や内装の素材などが改められ、質感の向上が図られた。

導入されるグレードは、3.5リッターV6エンジンに4WDシステム「4MATIC」が組み合わされた「R350 4MATIC」のみ。トランスミッションは7段ATだ。

価格は、789万円。ハンドル位置は右のみ。

(文=滝本 智志(Office Henschel))


「メルセデス・ベンツ R350 4MATIC」
「メルセデス・ベンツ R350 4MATIC」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る