フィアット、「500 ビコローレ」を限定発売

2010.11.04 自動車ニュース

フィアット、紅白ツートンの限定車「フィアット500 ビコローレ」を発売

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは2010年11月4日、「フィアット500」に、レッド/ホワイトのツートンカラーを採用した限定車「フィアット500 ビコローレ(BICOLORE)」を設定し、発売した。

「フィアット500 ビコローレ」は、1.2リッターエンジン+デュアロジック(ATモード付き5段シーケンシャルトランスミッション)搭載のベーシックグレード「1.2 POP」をベースに、大胆な紅白のコンビネーションカラーを採用した限定車だ。内装も上がホワイト、下がレッドに配色され、ポップな雰囲気が演出されている。

「500 ビコローレ」には、ベース車同様、「スタート&ストップシステム」(アイドリングストップ機構)が標準装備される。燃費は19.2km/リッター(10・15モード)。

価格は、ベース車の15万円高、210万円。販売台数は50台限定となる。

(webCG 曽宮)

「フィアット500 ビコローレ(BICOLORE)」
フィアット、紅白2トーンの限定車「フィアット500 ビコローレ」を発売

フィアット、紅白2トーンの限定車「フィアット500 ビコローレ」を発売

フィアット、紅白2トーンの限定車「フィアット500 ビコローレ」を発売

フィアット、紅白2トーンの限定車「フィアット500 ビコローレ」を発売

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る