日産が2人乗りコンセプトEVを発表

2010.11.02 自動車ニュース

日産が2人乗りコンセプトEVを発表

日産自動車は2010年11月1日、新しい交通手段の具体案として2人乗りのコンセプトEV「日産ニューモビリティコンセプト」を発表した。

■カーシェアリングや観光地での活用を検討

「日産ニューモビリティコンセプト」の車体サイズは全長2.3m×全幅1.13m程度。乗員がタンデム(前後2人)で座るようになっており、個人用途の近距離移動を想定している。

航続距離は約100kmで、最高速は約70km/h。同じグループのルノーが開発し、基本構造は今年のパリモーターショーで発表した「ルノー・トゥイジー」に準じるが、外装については日産デザインセンターが手直しした。構造的に「日産リーフ」との共通箇所はない。また、現状では日本の法規に合致していないという。

日産は今後、同車を活用し、公共交通機関と結びつけたシームレスなモビリティサービス、カーシェアリング事業、観光地での輸送などを検討していく予定。
渡部英朗グローバル・ゼロエミッションビークル事業本部執行役員は、「横浜スマートシティプロジェクトでの実証実験も検討していきたい」と語った。

(webCG 竹下)

車体サイズは全長2.3m×全幅1.13m程度。前後に2名乗車できるようになっている。
車体サイズは全長2.3m×全幅1.13m程度。前後に2名乗車できるようになっている。
コンセプトカーだが実走が可能。機敏な動きを見せていた。
コンセプトカーだが実走が可能。機敏な動きを見せていた。
「ニューモビリティコンセプト」を紹介する渡部英朗グローバル・ゼロエミッションビークル事業本部執行役員。
「ニューモビリティコンセプト」を紹介する渡部英朗グローバル・ゼロエミッションビークル事業本部執行役員。
今秋のパリ・モーターショーで公開された「ルノー・トゥイジー」。
今秋のパリ・モーターショーで公開された「ルノー・トゥイジー」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。