アウディ、A4オールロードクワトロを限定発売

2010.11.02 自動車ニュース

アウディ、「A4オールロードクワトロ」を限定発売

アウディジャパンは2010年11月2日、「アウディA4オールロードクワトロ」を国内導入し、250台限定で発売した。

アウディが2000年に初代を誕生させた「オールロードクワトロ」は、「A6」のステーションワゴン(アバント)をベースに車高をアップし、アウトドアをイメージさせる内外装パーツを組み込んだプレミアムモデルだった。その後、ベースとなったA6のモデルチェンジにあわせ、2006年に2代目にスイッチ。車名に「A6」の名が追加され、「A6オールロードクワトロ」となったが、基本コンセプトは初代のそれを継承。2009年2月に、A6のマイナーチェンジを機に販売が中止された。

今回発売となるモデルは、「A4オールロードクワトロ」の車名からわかるように、「A4アバント」をベースにつくられている。A4シリーズにオールロードが設定されるのは初である。ベース車との違いはこれまで同様、内外装への専用部品の装着が中心で、エクステリアには専用バンパー、大型ホイールアーチ、縦基調のフロントグリル、大型ステンレスアンダーガードなどが装備される。インテリアは、カルダモンベージュ色の本革シートとウォールナットのデコラティブパネルにより、上質さが演出されている。

専用サスペンションの採用により、最低地上高がベース車より40mm高い、160mmに設定される。駆動方式はもちろん4WD。パワーユニットは、2リッター直噴ターボ「2.0TFSI」に7段Sトロニックが組み合わされ、最高出力211ps/4300-6000rpm、最大トルク35.7kgm/1500-4200rpmを発生する。10・15モード燃費は10.4km/リッターとなっている。

価格は585万円。全国限定250台で販売される。

(webCG 曽宮)

「アウディA4オールロードクワトロ」
「アウディA4オールロードクワトロ」 拡大
 
アウディ、A4オールロードクワトロを限定発売の画像 拡大
ボディサイズは、全長×全幅×全高=4720×1840×1495mm。
ボディサイズは、全長×全幅×全高=4720×1840×1495mm。 拡大
 
アウディ、A4オールロードクワトロを限定発売の画像 拡大

関連キーワード:
A4オールロードクワトロアウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA4オールロードクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2014.12.11 試乗記 2010年の登場以来、限定車として発売されては完売を繰り返してきた「アウディA4オールロードクワトロ」が、いよいよカタログモデルに昇格した。“道を選ばぬ万能車”の実力を確かめるために、東京~箱根のワンデイツーリングに出た。
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • 新型「アウディA4オールロードクワトロ」発売 2016.9.6 自動車ニュース アウディ ジャパンは2016年9月6日、クロスオーバーモデル「アウディA4オールロードクワトロ」の新型を発表した。エンジンは2リッター直4ターボで、新開発の4WDシステムを搭載。658万円の価格で販売される。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
ホームへ戻る