アウディ、A4オールロードクワトロを限定発売

2010.11.02 自動車ニュース

アウディ、「A4オールロードクワトロ」を限定発売

アウディジャパンは2010年11月2日、「アウディA4オールロードクワトロ」を国内導入し、250台限定で発売した。

アウディが2000年に初代を誕生させた「オールロードクワトロ」は、「A6」のステーションワゴン(アバント)をベースに車高をアップし、アウトドアをイメージさせる内外装パーツを組み込んだプレミアムモデルだった。その後、ベースとなったA6のモデルチェンジにあわせ、2006年に2代目にスイッチ。車名に「A6」の名が追加され、「A6オールロードクワトロ」となったが、基本コンセプトは初代のそれを継承。2009年2月に、A6のマイナーチェンジを機に販売が中止された。

今回発売となるモデルは、「A4オールロードクワトロ」の車名からわかるように、「A4アバント」をベースにつくられている。A4シリーズにオールロードが設定されるのは初である。ベース車との違いはこれまで同様、内外装への専用部品の装着が中心で、エクステリアには専用バンパー、大型ホイールアーチ、縦基調のフロントグリル、大型ステンレスアンダーガードなどが装備される。インテリアは、カルダモンベージュ色の本革シートとウォールナットのデコラティブパネルにより、上質さが演出されている。

専用サスペンションの採用により、最低地上高がベース車より40mm高い、160mmに設定される。駆動方式はもちろん4WD。パワーユニットは、2リッター直噴ターボ「2.0TFSI」に7段Sトロニックが組み合わされ、最高出力211ps/4300-6000rpm、最大トルク35.7kgm/1500-4200rpmを発生する。10・15モード燃費は10.4km/リッターとなっている。

価格は585万円。全国限定250台で販売される。

(webCG 曽宮)

「アウディA4オールロードクワトロ」
「アウディA4オールロードクワトロ」
 
アウディ、A4オールロードクワトロを限定発売の画像
ボディサイズは、全長×全幅×全高=4720×1840×1495mm。
ボディサイズは、全長×全幅×全高=4720×1840×1495mm。
 
アウディ、A4オールロードクワトロを限定発売の画像

関連キーワード:
A4オールロードクワトロアウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA4オールロードクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2014.12.11 試乗記 2010年の登場以来、限定車として発売されては完売を繰り返してきた「アウディA4オールロードクワトロ」が、いよいよカタログモデルに昇格した。“道を選ばぬ万能車”の実力を確かめるために、東京~箱根のワンデイツーリングに出た。
  • 新型「アウディA4オールロードクワトロ」発売 2016.9.6 自動車ニュース アウディ ジャパンは2016年9月6日、クロスオーバーモデル「アウディA4オールロードクワトロ」の新型を発表した。エンジンは2リッター直4ターボで、新開発の4WDシステムを搭載。658万円の価格で販売される。
  • アウディA6オールロードクワトロ(4WD/7AT)【ブリーフテスト】 2013.4.9 試乗記 ……889万円
    総合評価……★★★★

    2012年の夏に、300台の台数限定で日本に導入された「アウディA6オールロードクワトロ」。オンにもオフにも対応する専用設計の足まわりと、アウディ自慢のエンジンとトランスミッションが織り成す走りを試した。
  • ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を世界初公開 2017.9.22 自動車ニュース ボルボ・カーズは2017年9月21日(現地時間)、イタリア・ミラノにおいて「XC40」を世界初公開した。「XC60」よりもひと回り小さなボディーを持つコンパクトSUVであり、新開発の小型車用モジュラープラットフォーム「CMA」を採用している。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
ホームへ戻る