日産ジュークによりパワフルな4WDモデル登場

2010.11.02 自動車ニュース

「日産ジューク」に1.6リッターターボモデル追加 4WD車も

日産自動車は、コンパクトなクロスオーバーモデル「ジューク」に新グレードを追加し、2010年11月2日に発売した。

2010年6月のデビューから5カ月。ユニークなデザインが目を引く日産のクロスオーバーモデル「ジューク」に、よりスポーティな新グレード「16GT/16GT FOUR」が追加された。
コンセプトは、「誰もがふりむくエキサイティングなコンパクトクロスオーバー」。「ジューク」が本来もつスポーツキャラクターを一層強調した、パラフルな上級グレードと位置付けられる。

一番の違いはパワーユニット。これまでの1.5リッターNAエンジン(114ps/6000rpm、15.3kgm/4000rpm)に代えて、1.6リッターのターボエンジン(190ps/5600rpm、24.5kgm/2000-5200rpm)を搭載。これは、混合気の充填(じゅうてん)効率と燃焼効率を向上させたという新開発のエンジンで、「2.5リッターNAエンジンなみの動力性能と、低燃費(14.4km/リッター:「16GT」)を実現した」とアピールされる。
組み合わされるトランスミッションは、1.5リッターモデルと同様にCVT。ただし、新グレードには6段のマニュアルモードが追加される。

FFだけでなく4WDの駆動方式が選べるのもポイントだ。「エクストレイル」のシステムを進化させた「トルクベクトル付き ALL MODE 4×4-i」と呼ばれる新開発の4WDシステムは、リアファイナルドライブの左右それぞれに電子制御カップリングが配置されるのがミソ。前後のトルク配分だけでなく、センサーをもとに後輪左右へのトルク配分を行うことで、コーナリング時のアンダーステアを抑制。ドライバーに思いどおりのコーナリングを提供するという。

その4WDのトルク配分やターボブーストの状況をセンターコンソールの「インテリジェントコントロールディスプレイ」で見られるのも、新たな機能である。

なお、エクステリアとインテリアについては、ホイールが1インチ大きな17インチとなる以外に大きな変更点はない。

新グレードの価格は、FF車の「16GT」が218万9250円。4WD車は245万1750円となっている。

(webCG 関)


日産ジュークによりパワフルな4WDモデル登場の画像
新たに追加された1.6リッターモデルの心臓部「MR16DDT」ユニット。
新たに追加された1.6リッターモデルの心臓部「MR16DDT」ユニット。
「ジューク」の4WDシステムのキモとなる「トルクベクトル」システム。左右それぞれに設けられた電子制御カップリングを介して、リア両輪間のトルク配分を行う。
「ジューク」の4WDシステムのキモとなる「トルクベクトル」システム。左右それぞれに設けられた電子制御カップリングを介して、リア両輪間のトルク配分を行う。

日産ジュークによりパワフルな4WDモデル登場の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジュークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る