日産ジュークによりパワフルな4WDモデル登場

2010.11.02 自動車ニュース

「日産ジューク」に1.6リッターターボモデル追加 4WD車も

日産自動車は、コンパクトなクロスオーバーモデル「ジューク」に新グレードを追加し、2010年11月2日に発売した。

2010年6月のデビューから5カ月。ユニークなデザインが目を引く日産のクロスオーバーモデル「ジューク」に、よりスポーティな新グレード「16GT/16GT FOUR」が追加された。
コンセプトは、「誰もがふりむくエキサイティングなコンパクトクロスオーバー」。「ジューク」が本来もつスポーツキャラクターを一層強調した、パラフルな上級グレードと位置付けられる。

一番の違いはパワーユニット。これまでの1.5リッターNAエンジン(114ps/6000rpm、15.3kgm/4000rpm)に代えて、1.6リッターのターボエンジン(190ps/5600rpm、24.5kgm/2000-5200rpm)を搭載。これは、混合気の充填(じゅうてん)効率と燃焼効率を向上させたという新開発のエンジンで、「2.5リッターNAエンジンなみの動力性能と、低燃費(14.4km/リッター:「16GT」)を実現した」とアピールされる。
組み合わされるトランスミッションは、1.5リッターモデルと同様にCVT。ただし、新グレードには6段のマニュアルモードが追加される。

FFだけでなく4WDの駆動方式が選べるのもポイントだ。「エクストレイル」のシステムを進化させた「トルクベクトル付き ALL MODE 4×4-i」と呼ばれる新開発の4WDシステムは、リアファイナルドライブの左右それぞれに電子制御カップリングが配置されるのがミソ。前後のトルク配分だけでなく、センサーをもとに後輪左右へのトルク配分を行うことで、コーナリング時のアンダーステアを抑制。ドライバーに思いどおりのコーナリングを提供するという。

その4WDのトルク配分やターボブーストの状況をセンターコンソールの「インテリジェントコントロールディスプレイ」で見られるのも、新たな機能である。

なお、エクステリアとインテリアについては、ホイールが1インチ大きな17インチとなる以外に大きな変更点はない。

新グレードの価格は、FF車の「16GT」が218万9250円。4WD車は245万1750円となっている。

(webCG 関)


日産ジュークによりパワフルな4WDモデル登場の画像 拡大
新たに追加された1.6リッターモデルの心臓部「MR16DDT」ユニット。
新たに追加された1.6リッターモデルの心臓部「MR16DDT」ユニット。 拡大
「ジューク」の4WDシステムのキモとなる「トルクベクトル」システム。左右それぞれに設けられた電子制御カップリングを介して、リア両輪間のトルク配分を行う。
「ジューク」の4WDシステムのキモとなる「トルクベクトル」システム。左右それぞれに設けられた電子制御カップリングを介して、リア両輪間のトルク配分を行う。 拡大

日産ジュークによりパワフルな4WDモデル登場の画像 拡大

関連キーワード:
ジューク日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第86回:クルマはドイツ的発想に支配された? 2018.4.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第86回は「クルマはドイツ的発想に支配された?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏にカーデザインのイロハを学ぶ企画、第3弾。グローバル化で、デザインはどう変わったのか!?
  • 第85回:日産はカーマニアを切り捨ててる? 2018.4.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第85回は「日産はカーマニアを切り捨ててる?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏のインタビューに際し、いちカーマニアとして筆者は何を思うのか!? クルマ好きが“良し”とするデザインとは?    
  • 第84回:「このクルマは誰のデザイン?」 2018.4.3 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第84回は「このクルマは誰のデザイン?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏にカーデザインのイロハを学ぶ! 第2弾。デザインってどうやって決まるの?
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.17 試乗記 限定モデルの先行販売を経て、いよいよ“正式に”日本に導入された「ルノー・カジャー」。あまたのモデルがしのぎを削るコンパクトSUV市場に投入されたフランス産のニューモデルは、ある意味、実にルノーらしい一台に仕上がっていた。
  • ミツオカ・ヒミコSレザーパッケージ(FR/6AT)【試乗記】 2018.4.18 試乗記 尋常ではない長さのフロントフードと、それに沿って配置される伸びやかなフロントフェンダー。独立独歩のデザインを貫く「ミツオカ・ヒミコ」が2代目へと進化した。富山の小さな自動車メーカーが送り出す、“最新モデル”の出来栄えは!?
ホームへ戻る