日産ジュークによりパワフルな4WDモデル登場

2010.11.02 自動車ニュース

「日産ジューク」に1.6リッターターボモデル追加 4WD車も

日産自動車は、コンパクトなクロスオーバーモデル「ジューク」に新グレードを追加し、2010年11月2日に発売した。

2010年6月のデビューから5カ月。ユニークなデザインが目を引く日産のクロスオーバーモデル「ジューク」に、よりスポーティな新グレード「16GT/16GT FOUR」が追加された。
コンセプトは、「誰もがふりむくエキサイティングなコンパクトクロスオーバー」。「ジューク」が本来もつスポーツキャラクターを一層強調した、パラフルな上級グレードと位置付けられる。

一番の違いはパワーユニット。これまでの1.5リッターNAエンジン(114ps/6000rpm、15.3kgm/4000rpm)に代えて、1.6リッターのターボエンジン(190ps/5600rpm、24.5kgm/2000-5200rpm)を搭載。これは、混合気の充填(じゅうてん)効率と燃焼効率を向上させたという新開発のエンジンで、「2.5リッターNAエンジンなみの動力性能と、低燃費(14.4km/リッター:「16GT」)を実現した」とアピールされる。
組み合わされるトランスミッションは、1.5リッターモデルと同様にCVT。ただし、新グレードには6段のマニュアルモードが追加される。

FFだけでなく4WDの駆動方式が選べるのもポイントだ。「エクストレイル」のシステムを進化させた「トルクベクトル付き ALL MODE 4×4-i」と呼ばれる新開発の4WDシステムは、リアファイナルドライブの左右それぞれに電子制御カップリングが配置されるのがミソ。前後のトルク配分だけでなく、センサーをもとに後輪左右へのトルク配分を行うことで、コーナリング時のアンダーステアを抑制。ドライバーに思いどおりのコーナリングを提供するという。

その4WDのトルク配分やターボブーストの状況をセンターコンソールの「インテリジェントコントロールディスプレイ」で見られるのも、新たな機能である。

なお、エクステリアとインテリアについては、ホイールが1インチ大きな17インチとなる以外に大きな変更点はない。

新グレードの価格は、FF車の「16GT」が218万9250円。4WD車は245万1750円となっている。

(webCG 関)


日産ジュークによりパワフルな4WDモデル登場
新たに追加された1.6リッターモデルの心臓部「MR16DDT」ユニット。
日産ジュークによりパワフルな4WDモデル登場
「ジューク」の4WDシステムのキモとなる「トルクベクトル」システム。左右それぞれに設けられた電子制御カップリングを介して、リア両輪間のトルク配分を行う。
日産ジュークによりパワフルな4WDモデル登場

日産ジュークによりパワフルな4WDモデル登場

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジュークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)【試乗記】 2013.3.20 試乗記 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)
    ……319万7250円

    日産のモータースポーツ事業を担う「NISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)」が、パワーユニットから内外装に至るまで、くまなく手を加えた「ジュークNISMO」。よりヤンチャに、より痛快に仕上げられたその走りを確かめた。
  • 日産ジューク 16GT FOUR(4WD/CVT)【試乗記】 2010.12.1 試乗記 日産ジューク 16GT FOUR(4WD/CVT)
    ……296万1000円

    個性派コンパクト「日産ジューク」に、4WDのターボモデルが登場。スポーティさをウリにするトップグレードの実力は、どれほどのものなのか?
  • 「日産ジューク」のツートンカラーに新色が登場 2016.10.28 自動車ニュース 日産自動車は2016年10月27日、「ジューク」の特別仕様車「ドレスアップ」に、新色のツートンカラー「プレミアムサンフレアオレンジ/ダークメタルグレー」を追加すると発表した。同年11月22日に発売する。
  • 日産ジューク 16GT FOUR(4WD/CVT)【試乗記】 2011.1.31 試乗記 日産ジューク 16GT FOUR(4WD/CVT)
    ……296万1000円

    「日産ジューク」のハイパワー&4WDグレード「16GT FOUR」に試乗。足まわりの仕上がり具合を中心に、その走りを峠道でチェックしてみた。
  • スバルが「レガシィB4/アウトバック」を一部改良 2016.9.8 自動車ニュース スバルが「レガシィB4/アウトバック」を一部改良し、10月3日に発売すると発表した。今回の改良では車線中央維持機能を新採用するなど、「アイサイトver.3」の機能を強化。またステアリングヒーターを全車標準装備とした。
ホームへ戻る