第414回:カーマニアよ鉄ちゃん化せよ! 
ホビーショーで見つけた、とある社長の金言

2010.11.02 エッセイ

第414回:カーマニアよ鉄ちゃん化せよ! ホビーショーで見つけた、とある社長の金言

ホビー業界も不況だが……

不肖小沢、思わず目からウロコが落ちましたね。そう、先日幕張メッセで行われた全日本模型ホビーショーでのこと。ここでいう“ホビー”ってのは、いわゆる子供用のオモチャではなく、完全なる大人の趣味。俺は当然、ミニカーやクルマのプラモデルに注目したわけだけど、会場にはほかにも鉄道模型やらフィギュアやらがわんさか並んでいる。

一見、にぎわっているように見えるんだけど、ぶっちゃけホビー業界は最近落ち込んでるそうな。
どうやら2008年末のリーマンショックの影響が色濃く残っており、関係者いわく「ホビーは生活“非”必需品なんで、どうしても後回しにされる傾向があって……」とのこと。そりゃそうか。

実は今回も一部大手メーカーが出展を取りやめるという話があったほどで、「すわ! ホビーショーも東京モーターショーと同じ運命か?」と思ったが、意外にも力のある会社、ちゃんとしたプランのある会社は悲観視してない。

たとえばトミカで有名なタカラトミーのホビー部門ともいえる「トミーテック」の大内裕幸さんいわく「減ったといっても、今まで月10個ミニカーを買っていた人が6個7個になるとかで、いつかは戻って来ますし、完全に無くなることは考えられません」

こうも続ける。
「今、日本でクルマの販売は落ちてるかもしれませんが、それって実社会の話じゃないですか。今後、日本はご年配の数が増えるんです。特にリッチな団塊の世代がリタイヤして、どんどんホビーの世界に入ってくるとすると、市場は広がるはずなんです。魅力ある商品が作れればですけど」
たしかに!

しかし、トミーテックはすごい実績があって、2004年から“大人のトミカ”ともいうべき「トミカリミテッドヴィンテージ」というツウなシリーズを出しているのだが、これがひそかに大ヒット。ポイントは大人の鑑賞に耐える緻密(ちみつ)な作りと、手応えのあるフルダイキャストシャシー、さらにトミカらしくサイズが64分の1と手頃で、サス付きで遊んでも壊れにくいこと。つまり従来の大人向けミニカーとトミカの良さをプラスしてお値段1200円と絶妙なところを突いているのだ。

結果、一時は大人向けとしては破格の1色(ミニカーの世界ではボディカラー別に1単位とする)2万個オーバーも記録し、1個7000円もする限定モデルが半日で完売したこともあったとか。もちろんリーマンショックの時は落ち込んだが、今は回復傾向で、今年の売り上げは車種増加もあって過去最高なんだそうな。


第414回:カーマニアよ鉄ちゃん化せよ! ホビーショーで見つけた、とある社長の金言の画像

第414回:カーマニアよ鉄ちゃん化せよ! ホビーショーで見つけた、とある社長の金言の画像
これがバカ売れしたという限定版シルエットフォーミュラの第二弾。高いけど売れちゃう!
これがバカ売れしたという限定版シルエットフォーミュラの第二弾。高いけど売れちゃう!

第414回:カーマニアよ鉄ちゃん化せよ! ホビーショーで見つけた、とある社長の金言の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』