【スペック】全長×全幅×全高=4445×1850×1715mm/ホイールベース=2690mm/車重=1670kg/駆動方式=4WD/2.5リッター直5DOHC20バルブターボ(200ps/6000rpm、32.6kgm/1600-4000rpm)/価格=378万円(テスト車=同じ)

フォード・クーガ タイタニアム(4WD/5AT)【試乗記】

基本に忠実 2010.11.02 試乗記 フォード・クーガ・タイタニアム(4WD/5AT)
……378万円
欧州フォードの新型モデルが、久しぶりに日本上陸。期待のコンパクトSUVはどんな走りをみせるのか。オンロードで試した。

“新しい”SUV

「クーガ」は日本市場にとって久々のヨーロッパ製フォードである。「フォーカス」や「モンデオ」のファンからすれば、いよいよその日が来たか。待ってました! という気分だろう。しかし、これをもってして、またかつてのように欧米半々のラインナップに戻ると考えるのは時期尚早のようだ。

現在、フォード・ジャパンのラインナップは、「マスタング」「エスケープ」「エクスプローラー」「エクスプローラー スポーツトラック」とアメリカ・フォードを中心に構成されている。「クーガ」はそこへ、SUVラインナップを強化するクルマとして投入される。ヨーロッパ製ということより、新しいSUVであるということの方がここではずっと重要に見える。

構造的には「フォーカス」に近く、フォードグループのC1グローバル・プラットフォームを使用している。つまり、かつて同じ企業グループに属していた「マツダ3」(日本名:アクセラ)や「ボルボS40」「V50」とも近からず、遠からずの関係にある。
今回日本に導入されたのは、ボルボの各車や「フォーカスST」と同じ2.5リッター直5ターボエンジン(200psと32.6kgm)を搭載するモデル。トランスミッションはトルコンを用いるオーソドックスな5段ATを採用している。

今回の試乗会場はワインディングロードが連続する箱根である。個性的なデザインだけでなく、フォードは「クーガ」のハンドリングの良さにも自信があるのだろう。

上級モデル「タイタニアム」には本革シートが標準装備。運転席は前後位置や高さを調節できる6ウェイ電動シートで、シートヒータも備わる。
フォード・クーガ・タイタニアム(4WD/5AT)【短評】

フォード・クーガ・タイタニアム(4WD/5AT)【短評】
フォード・クーガ・タイタニアム(4WD/5AT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クーガの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史) 2016.6.1 特集 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。
  • 第2回:フォード・クーガ(高山正寛) 2016.6.1 特集 グローバル市場ではもちろん、日本市場でも重要視されるSUVのマーケット。そこに投入されたフォードのミドルサイズSUVが「クーガ」である。日本市場における現行モデルの変遷を振り返るとともに、輸入SUVとしての“お買い得度”を検証した。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【レビュー】 2016.3.18 試乗記 フォードの3列7人乗りSUV「エクスプローラー」に新グレード「タイタニアム」が登場。3.5リッターV6ツインターボエンジンがかなえるパワフルな走りやいかに? 日本での販売は“在庫限り”という、最上級モデルの魅力を報告する。
  • フォード・クーガ タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.7 試乗記 エンジンのラインナップを見直して、2リッターと1.5リッターの2本立てとなったフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今回は、従来の1.6リッターより60psも強化された2リッターエンジン搭載車「タイアニアム」に試乗し、その実用性能を探った。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
ホームへ戻る