クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4445×1850×1715mm/ホイールベース=2690mm/車重=1670kg/駆動方式=4WD/2.5リッター直5DOHC20バルブターボ(200ps/6000rpm、32.6kgm/1600-4000rpm)/価格=378万円(テスト車=同じ)

フォード・クーガ タイタニアム(4WD/5AT)【試乗記】

基本に忠実 2010.11.02 試乗記 フォード・クーガ・タイタニアム(4WD/5AT)
……378万円
欧州フォードの新型モデルが、久しぶりに日本上陸。期待のコンパクトSUVはどんな走りをみせるのか。オンロードで試した。

“新しい”SUV

「クーガ」は日本市場にとって久々のヨーロッパ製フォードである。「フォーカス」や「モンデオ」のファンからすれば、いよいよその日が来たか。待ってました! という気分だろう。しかし、これをもってして、またかつてのように欧米半々のラインナップに戻ると考えるのは時期尚早のようだ。

現在、フォード・ジャパンのラインナップは、「マスタング」「エスケープ」「エクスプローラー」「エクスプローラー スポーツトラック」とアメリカ・フォードを中心に構成されている。「クーガ」はそこへ、SUVラインナップを強化するクルマとして投入される。ヨーロッパ製ということより、新しいSUVであるということの方がここではずっと重要に見える。

構造的には「フォーカス」に近く、フォードグループのC1グローバル・プラットフォームを使用している。つまり、かつて同じ企業グループに属していた「マツダ3」(日本名:アクセラ)や「ボルボS40」「V50」とも近からず、遠からずの関係にある。
今回日本に導入されたのは、ボルボの各車や「フォーカスST」と同じ2.5リッター直5ターボエンジン(200psと32.6kgm)を搭載するモデル。トランスミッションはトルコンを用いるオーソドックスな5段ATを採用している。

今回の試乗会場はワインディングロードが連続する箱根である。個性的なデザインだけでなく、フォードは「クーガ」のハンドリングの良さにも自信があるのだろう。

上級モデル「タイタニアム」には本革シートが標準装備。運転席は前後位置や高さを調節できる6ウェイ電動シートで、シートヒータも備わる。
上級モデル「タイタニアム」には本革シートが標準装備。運転席は前後位置や高さを調節できる6ウェイ電動シートで、シートヒータも備わる。 拡大

フォード・クーガ タイタニアム(4WD/5AT)【試乗記】の画像 拡大
フォード・クーガ タイタニアム(4WD/5AT)【試乗記】の画像 拡大

「クーガ」ならではの開放感

かつては慣れ親しんだヨーロッパフォードの製品だが、こうやって数年隔ててあらためて乗ってみると懐かしいやら目新しいやらで、なんだか新鮮である。特に新鮮だったのはボンネットに走る2本のプレスライン。運転席から2スジはっきりと見え、けっこう強い視覚的なアクセントになっている。

また今回、エンジンスタートにてこずってしまった。ボタン式スターターであろうことは目星を付けていたが、そのボタンがなかなか見つからなかったのだ。正解はインパネのど真ん中(エアコン吹き出し口の間)。灯台下暗し。ボタンの自己主張の強さはアストン・マーティン並みだ。一方、ボンネットオープナーの在りかはすぐに分かった。「フォーカス」と同じで、フロントグリルのエンブレム下に鍵穴があり、そこにキーを挿し、回して開けるという謎解き系RPGさながらの方式である。

ボディのスリーサイズは、価格的にライバルになりそうな「フォルクスワーゲン・ティグアン」に近く、室内の広さもいい勝負といったところ。身長180cmクラスの乗員が前後タンデムで乗れるが、後席のひざまわりにさほどの余裕は残らない。室内長だけで言えば、Cセグメント車のそれである。

ただ「クーガ」のパッケージにはこのクルマならではの特徴があって、まず後席のヒップポイントがこのクラスのSUVに比べてひときわせり上がっている。さらに今回試した装備充実の上級グレード「タイタニアム」の天井には、長さが1メートル5センチ、幅が78センチもあるパノラミックルーフ(固定式のガラスルーフ)が付いているので、後席の開放感が異例に高いのである。おまけに後席は、クッションがやけにフカフカしている。乗っていて楽しいのは、明らかに後席だろう。


フォード・クーガ タイタニアム(4WD/5AT)【試乗記】の画像 拡大
「タイタニアム」にはガラス製のパノラミックルーフが標準装備される。後席に座ってみるとその開放感に驚く。
「タイタニアム」にはガラス製のパノラミックルーフが標準装備される。後席に座ってみるとその開放感に驚く。 拡大
「クーガ」のリアハッチは上部のみの開閉も可能。トノカバを動かす必要もなく、小さな荷物を積むときなどに便利だろう。
「クーガ」のリアハッチは上部のみの開閉も可能。トノカバを動かす必要もなく、小さな荷物を積むときなどに便利だろう。 拡大
フォード・クーガ タイタニアム(4WD/5AT)【試乗記】の画像 拡大

同乗者はつらいよ?

最近のヨーロッパ車のガソリンエンジンは、ダウンサイジング過給がトレンド。日本には導入されていないがライバルの「ティグアン」には1.4リッターターボという仕様すらあって、あちらで試したところ、これが意外や生き生きと走る。直5の本家、ボルボの「XC60」にだって2リッター直4ターボが加わったばかり。

そんな時代の目で「クーガ」の2.5リッター直5ターボを見ると、これはもはやラクシャリーセグメントに属する。絶対的なパワーは約1.7トンの車重に対して十分以上、その気になるとけっこう速い。低速トルクも潤沢だ。

一方、ハルデックスカップリングを用いた4WDシステムは駆動力を最大で前50:後50に振り分け、発進時も前100%ではなく、後ろに10%程度配分しているとのこと。前後の姿勢変化が大きなSUVでこれは有効で、確かに発進時、後輪が路面をグッととらえる感じがある。

ワインディングロードでは、フォードのもくろみ(?)どおり、足取りの確かさを確認することができた。「フォーカス」もそうだったが、このシャシーを用いるクルマは自然で好ましいハンドリングを持つものが多く、「クーガ」もその良き継承者といえる。ただ、初期のロールスピードが比較的速く、ステアリングを切り込んだ瞬間にすっと倒れこむので、どうしても乗員の上体が振られがちになる。結果として、不快を訴えてくる同乗者(特に後席)がいるかもしれない。

最近のユーティリティ車の中には、あえてステアリングの感度を落としてロールの滑らかさを演出し、しかも運転する面白みを確保した「マツダ・プレマシー」のような試みも出てきている。かつて「フォーカス」のハンドリングでわれわれの目から何枚もウロコを落としてくれたフォードの仕事にしては、今回はややオーソドックスにまとまってしまった気もするが、そのぶん「クーガ」は基本に忠実という言い方もできそうだ。

(文=竹下元太郎/写真=荒川正幸)

リアシートの床下左右にはアンダーフロアボックスが備わるほか、リアシート座面の下にも収納スペースが用意される。
リアシートの床下左右にはアンダーフロアボックスが備わるほか、リアシート座面の下にも収納スペースが用意される。 拡大
ラゲッジスペースは通常時で360リッターを確保。6:4分割可倒式のリアシートを倒すことで最大1355リッターまで拡大される。
写真をクリックするとシートアレンジが見られます。
ラゲッジスペースは通常時で360リッターを確保。6:4分割可倒式のリアシートを倒すことで最大1355リッターまで拡大される。写真をクリックするとシートアレンジが見られます。
拡大
安全装備として、ARM(アンチロールオーバーミディゲーション)やESP(横滑り防止装置)のほか、前席エアバッグ、サイドエアバッグ、カーテンエアバッグなどが標準で備わる。
安全装備として、ARM(アンチロールオーバーミディゲーション)やESP(横滑り防止装置)のほか、前席エアバッグ、サイドエアバッグ、カーテンエアバッグなどが標準で備わる。 拡大
フォード・クーガ タイタニアム(4WD/5AT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
クーガフォード試乗記

あなたにおすすめの記事