第166回:ゆるキャラの3輪トラック「アペ」、ソーセージ屋台の喜びと憂い

2010.10.30 エッセイ

第166回:ゆるキャラの3輪トラック「アペ」ソーセージ屋台の喜びと憂い

世界遺産に登録されているエッセンの炭鉱跡「ツォールフェライン」。
第166回:ゆるキャラの3輪トラック「アペ」、ソーセージ屋台の喜びと憂い

ドイツ版ファストフード「カリーヴルスト」

イタリア人の多くは、「ドイツの料理はまずい」と酷評する。それどころかドイツに住んでいる人まで、ときに「ドイツには、おいしい食べ物がない」と謙遜(けんそん)する。

しかしボク自身は、そんなことはないと思っている。その多彩さはイタリアにひけをとらないし、スープに入った肉だんご「クネーデル」などは、寒い日に食べると、芯から暖まって本当にありがたいものだ。
しかしもともと貧乏性のボクである。どちらかというと、レストランで食べるドイツ料理よりも、ドイツ版ファストフードである「カリーヴルスト」に萌えるのも事実だ。
「Currywurst(カリーヴルスト)」とは、ソーセージにカレー粉とケチャップをかけたものだ。大抵、ふちが波うったような四角い紙皿に、フライドポテトと一緒にでてくる。
ドイツでソーセージ単品を食べたい場合、ビアホールにでも行かないと食べにくいものだ。だが、カリーヴルストなら専門店の店先で単品注文できるので、酒飲みでないボクには大変助かる。
その起源は諸説あるが、第二次大戦後ベルリンでソーセージ屋台を営んでいた女性が、進駐米軍物資のカレー粉を使ってみたのが始まりというのが通説だ。そのベルリンでは、2009年にカリーヴルストの専門ミュージアムまでオープンした。
濃さや味にもよるのだろうが、ドイツ人のなかには、そのソースまで「チューッ」と吸って飲む人までいる。彼らの徹底した平らげかたは、傍で見ていても豪快だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。