アバルト・フェラーリ 569万5000円で発売

2010.10.29 自動車ニュース

「アバルト695トリブート フェラーリ」、569万5000円で発売

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは、2010年11月1日から全国のアバルト正規販売店で「アバルト500」の高級仕様「アバルト695トリブート フェラーリ」の予約を受け付けると発表した。

10月29日に同社が明らかにしたところでは、日本市場への導入台数は150台限定で、希望小売価格は569万5000円。
また予約開始を機に、車名の「TRIBUTO」の日本語表記を「トリビュート」から伊語の発音に近い「トリブート」に改める。

同車の総生産台数は1696台が予定されており、日本への割り当ては150台。その内訳は、ボディカラー「ロッソ・コルサ」(赤)110台、「ジャッロ・モデナ」(黄/10万円のオプション)30台、「ブルー・アブダビ」(青/同20万円)5台、「グリージョ・ティタニオ」(灰/同20万円)5台となる。

シリーズ最強となる180psエンジンが搭載され、パドル式スイッチ付きの5段シーケンシャルトランスミッションが組み合わされる。外装にはカーボンファイバーが多用され、カーボンと革で仕上げられた、標準タイプより10kg軽いシート「アバルト・コルサ by サベルト」が装着される。

(webCG 竹下)

「アバルト695トリブート フェラーリ」
「アバルト695トリブート フェラーリ」

アバルト・フェラーリ 569万5000円で発売の画像

アバルト・フェラーリ 569万5000円で発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フィアット500ツインエア ラウンジ(FF/5AT)【レビュー】 2016.4.1 試乗記 2007年のデビュー以来、初のビッグマイナーチェンジが加えられたフィアットのコンパクトカー「500」。イタリアを代表する自動車界の“愛されキャラ”は、大幅改良によって何がどう変わったのか? その変化の内容をリポートする。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • フィアット500 1.4 16V ポップ(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2008.7.28 試乗記 ……220.0万円
    総合評価……★★★★

    1.2リッターのみラインナップしていた「フィアット500」に、1.4リッターモデルが追加された。排気量200ccの差は、実際の走りにどんな違いをもたらすのか?
  • フィアット500 1.2 スポーツ(FF/5MT)【試乗記】 2011.1.10 試乗記 フィアット500 1.2 スポーツ(FF/5MT)
    ……213万円

    「フィアット500」に、シリーズ唯一となるMTモデルが追加された。伝統的なトランスミッションは、小さなイタリア車の走りをどのように変えるのか?
  • フィアット500ツインエア スポーツプラス(FF/5MT)【試乗記】 2012.10.3 試乗記 フィアット500ツインエア スポーツプラス(FF/5MT)
    ……240万円

    250台の限定車「フィアット500ツインエア」の5段MTを箱根で試乗した。
ホームへ戻る