【スペック】全長×全幅×全高=4720×1795×1440mm/ホイールベース=2765mm/車重=1800kg/駆動方式=FR/6.2リッターV8DOHC32バルブ(487ps/6800rpm、61.2kgm/5000rpm)/価格=1060万円(テスト車=1185万円/パフォーマンスパッケージプラス=125万円)

メルセデス・ベンツC63 AMG パフォーマンスパッケージプラス(FR/7AT)【試乗記】

ジキルとハイド 2010.10.29 試乗記 メルセデス・ベンツC63 AMG パフォーマンスパッケージプラス(FR/7AT)
……1185万円


高性能を上乗せする「パフォーマンスパッケージプラス」搭載の「C63 AMG」に試乗。30psのパワーアップをはじめとする“AMGスペシャルメニュー”のお味は?

エンスー向け

ライバルの「BMW M3」が排気量より高回転化でパワーを稼いできたのに対して、歴代のAMGのCクラスは有無をいわせない大排気量ハイパワー路線をひた走ってきた。3.6リッターでスタートしたエンジンは、4.3リッターV8、3.2リッターV6だがスーパーチャージャー付き、そして5.5リッターV8……と容赦なく拡大されていった。さすがの「M3」も耐えきれずに現行型でついに4リッターV8となったと思ったら、その数カ月おくれで出てきたCクラスのAMGはなんと“C63”になった。大排気量にもほどがある。ちなみに、「C63 AMG」の正確な排気量は6208ccだが、わずかでも6.2リッターを超えているがゆえの「切り上げ」の命名。AMGは名実ともに大艦巨砲主義をつらぬく。

そんな「C63 AMG」も発売から3年が経過した。さすがにこういう時代だから、省エネタイプのオルタネーターを採用するなどの細かい手直しは入ったものの、AMG謹製の大排気量V8は、今のところCO2低減の御旗(みはた)のもとに去勢されるようなこともない。といって、さらなる高出力化もされないのは時代の趨勢(すうせい)か……と思ったら、この8月に“ハイパフォーマンスプラス”なるオプションパッケージが登場した。そのオプション価格は125万円。本体価格1060万円と合計すると1185万円となる。

この「パフォーマンスパッケージプラス」の内容は、2010年5月に25台限定で発売された「C63 AMGパフォーマンスプラス」の特別装備内容に準じるもので、見た目にも各部にレーシーな専用装備がトッピングされているが、本当のキモは中身だ。ノーマル比30psアップとなった487psの専用チューンドエンジン(鍛造軽量ピストン/コンロッド/クランクシャフトなどのスペシャルパーツ内蔵)をはじめ、リミテッドスリップデフ(LSD)、そして強化ブレーキ……など“走る・曲がる・止まる”に直結するエンスー好みの機能装備である。パッケージ価格のほうが限定車のパフォーマンスプラス(1250万円)より安いのは、ダッシュボードまで丁寧に張られたナッパレザーインテリアが省かれるからである。

「パフォーマンスパッケージプラス」は、2010年8月に設定されたパッケージオプション。主なチューニング内容は、最高出力の30psアップ、最高速度の30km/hアップ、ブレーキ性能の強化など。
「パフォーマンスパッケージプラス」は、2010年8月に設定されたパッケージオプション。主なチューニング内容は、最高出力の30psアップ、最高速度の30km/hアップ、ブレーキ性能の強化など。
最高速度は、250km/hから280km/hに変更されている。メーターは320km/h表示。
最高速度は、250km/hから280km/hに変更されている。メーターは320km/h表示。
足まわりには、放熱性が高められたAMG強化ブレーキシステム、レッドペイントを施したブレーキキャリパー、19インチ鍛造アルミホイールが採用される。
足まわりには、放熱性が高められたAMG強化ブレーキシステム、レッドペイントを施したブレーキキャリパー、19インチ鍛造アルミホイールが採用される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
ホームへ戻る