サーブ、新型クロスオーバー「9-4X」を公開

2010.10.28 自動車ニュース

サーブ、新型クロスオーバー「9-4X」を公開

サーブは、2010年11月17日に開幕するロサンゼルスショーで、新型車「9-4X」をデビューさせると発表した。

■今度のサーブはSUV

「9-4X」は、サーブでは珍しいSUV系のクロスオーバーモデル。2010年9月、日本に導入されたワゴン系のクロスオーバーモデル「9-3X」と、新型フラッグシップセダン「9-5」の中間に位置するモデルとなる。

上背のあるエクステリアは、SUVならではのマッシブでがっしりとしたもの。ブラックアウトされたドアピラーの効果でひとつながりに見えるフロント&サイドウィンドウや、3穴のフロントグリルに“サーブ車らしさ”を表現。バンパー一体型のマフラーエンドや航空機のジェットエンジンを思わせるタービン型ホイールも、デザインの見どころとされている。

インテリアは、ドライバーを包み込むような運転席のレイアウトや計器類やエアコン噴出し口のデザインなど、これまた航空機メーカーを血筋にもつサーブならではのテイストでまとめられる。乗車定員は5名。

そんな「9-4X」の心臓は、3リッターV6自然吸気(265hp/6900rpm、30.8kgm/5200rpm)と2.8リッターV6ターボ(300hp/5500rpm、40.8kgm/2000-5000rpm)の2本立て。前者はエントリーグレードの「9-4X」に、後者は上級グレードの「9-4X エアロ」に搭載され、どちらも6段ATおよびサーブの4WDシステム「XWD」と組み合わされる。
「9-4X エアロ」には、電子制御式のサスペンションからなるアダプティブシャシーシステム「サーブ・ドライブセンス」も与えられ、ドライブモードも3種類(インテリジェント/コンフォート/スポーツ)から選択可能。ボタンひとつで燃費を抑えた走りに切り替わる「エコモード」も備わる。

発売時期は、北米が最初で2011年5月。その他の地域はその3カ月後、8月のリリースが予定されている。

(webCG 関)

「サーブ9-4X エアロ」
「サーブ9-4X エアロ」

サーブ、新型クロスオーバー「9-4X」を公開の画像

サーブ、新型クロスオーバー「9-4X」を公開の画像
サーブ、新型クロスオーバー「9-4X」を公開の画像
サーブ、新型クロスオーバー「9-4X」を公開の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • サーブ9-3X(4WD/6AT)【試乗記】 2011.1.14 試乗記 サーブ9-3X(4WD/6AT)
    ……545万1000円

    2010年9月、日本での販売を新体制でスタートさせたサーブブランド。その第1弾として導入された新しいクロスオーバーモデル「9-3X」に試乗した。
  • サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)【試乗記】 2011.8.3 試乗記 サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)
    ……721万9000円

    13年ぶりにフルモデルチェンジした「サーブ9-5」。“二枚目”なスタイリングに生まれ変わった新型の、走り方はいかに? 最上級のスポーティグレード「エアロXWD」に試乗した。
  • レクサスLX570(4WD/8AT)【試乗記】 2015.12.29 試乗記 本格クロカン四駆として名高い“ランクル”の走破性能に、5.7リッターの大排気量V8エンジンと8段ATのパワートレイン、そしてプレミアムブランドならではの装備と品質をプラス。満を持して日本に導入されたプレミアムSUV「レクサスLX570」の魅力に触れた。
  • レクサスLX570(4WD/8AT)【レビュー】 2015.11.27 試乗記 レクサスのフラッグシップSUV「LX」が国内でも発売された。本格オフローダーゆずりのシャシーや、大排気量エンジンがもたらす走りは? そして乗り心地は? 高速道路から河川敷のオフロードまで、さまざまな道で試乗した。
  • 「プレサージュ」「バサラ」をマイナーチェンジ 2001.9.5 自動車ニュース 日産自動車は、ミニバン「プレサージュ」「バサラ」にマイナーチェンジを施し、2001年8月29日に発売した。マイナーチェンジの眼目は、ズバリ環境対策。2.4リッター「KA24DE」ユニットに替え、新型2.5リッター「QR25DE」ユニットを採用、あわせて2.5リッター「YD25DDTi」ディーゼルユニットが廃止された。これにより、「プレサージュ」「バサラ」のエンジンラインナップは、3リッター「VQ30DE」と2.5リッターの2種類となる。なお、NEO QR25DEエンジン車は国土交通省から「良-低排出ガス車(G-LEV)」に認定されている。
ホームへ戻る