サーブ、新型クロスオーバー「9-4X」を公開

2010.10.28 自動車ニュース

サーブ、新型クロスオーバー「9-4X」を公開

サーブは、2010年11月17日に開幕するロサンゼルスショーで、新型車「9-4X」をデビューさせると発表した。

■今度のサーブはSUV

「9-4X」は、サーブでは珍しいSUV系のクロスオーバーモデル。2010年9月、日本に導入されたワゴン系のクロスオーバーモデル「9-3X」と、新型フラッグシップセダン「9-5」の中間に位置するモデルとなる。

上背のあるエクステリアは、SUVならではのマッシブでがっしりとしたもの。ブラックアウトされたドアピラーの効果でひとつながりに見えるフロント&サイドウィンドウや、3穴のフロントグリルに“サーブ車らしさ”を表現。バンパー一体型のマフラーエンドや航空機のジェットエンジンを思わせるタービン型ホイールも、デザインの見どころとされている。

インテリアは、ドライバーを包み込むような運転席のレイアウトや計器類やエアコン噴出し口のデザインなど、これまた航空機メーカーを血筋にもつサーブならではのテイストでまとめられる。乗車定員は5名。

そんな「9-4X」の心臓は、3リッターV6自然吸気(265hp/6900rpm、30.8kgm/5200rpm)と2.8リッターV6ターボ(300hp/5500rpm、40.8kgm/2000-5000rpm)の2本立て。前者はエントリーグレードの「9-4X」に、後者は上級グレードの「9-4X エアロ」に搭載され、どちらも6段ATおよびサーブの4WDシステム「XWD」と組み合わされる。
「9-4X エアロ」には、電子制御式のサスペンションからなるアダプティブシャシーシステム「サーブ・ドライブセンス」も与えられ、ドライブモードも3種類(インテリジェント/コンフォート/スポーツ)から選択可能。ボタンひとつで燃費を抑えた走りに切り替わる「エコモード」も備わる。

発売時期は、北米が最初で2011年5月。その他の地域はその3カ月後、8月のリリースが予定されている。

(webCG 関)

「サーブ9-4X エアロ」
「サーブ9-4X エアロ」

サーブ、新型クロスオーバー「9-4X」を公開の画像

サーブ、新型クロスオーバー「9-4X」を公開の画像
サーブ、新型クロスオーバー「9-4X」を公開の画像
サーブ、新型クロスオーバー「9-4X」を公開の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • サーブ9-3X(4WD/6AT)【試乗記】 2011.1.14 試乗記 サーブ9-3X(4WD/6AT)
    ……545万1000円

    2010年9月、日本での販売を新体制でスタートさせたサーブブランド。その第1弾として導入された新しいクロスオーバーモデル「9-3X」に試乗した。
  • サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)【試乗記】 2011.8.3 試乗記 サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)
    ……721万9000円

    13年ぶりにフルモデルチェンジした「サーブ9-5」。“二枚目”なスタイリングに生まれ変わった新型の、走り方はいかに? 最上級のスポーティグレード「エアロXWD」に試乗した。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
ホームへ戻る