サーブ、新型クロスオーバー「9-4X」を公開

2010.10.28 自動車ニュース

サーブ、新型クロスオーバー「9-4X」を公開

サーブは、2010年11月17日に開幕するロサンゼルスショーで、新型車「9-4X」をデビューさせると発表した。

■今度のサーブはSUV

「9-4X」は、サーブでは珍しいSUV系のクロスオーバーモデル。2010年9月、日本に導入されたワゴン系のクロスオーバーモデル「9-3X」と、新型フラッグシップセダン「9-5」の中間に位置するモデルとなる。

上背のあるエクステリアは、SUVならではのマッシブでがっしりとしたもの。ブラックアウトされたドアピラーの効果でひとつながりに見えるフロント&サイドウィンドウや、3穴のフロントグリルに“サーブ車らしさ”を表現。バンパー一体型のマフラーエンドや航空機のジェットエンジンを思わせるタービン型ホイールも、デザインの見どころとされている。

インテリアは、ドライバーを包み込むような運転席のレイアウトや計器類やエアコン噴出し口のデザインなど、これまた航空機メーカーを血筋にもつサーブならではのテイストでまとめられる。乗車定員は5名。

そんな「9-4X」の心臓は、3リッターV6自然吸気(265hp/6900rpm、30.8kgm/5200rpm)と2.8リッターV6ターボ(300hp/5500rpm、40.8kgm/2000-5000rpm)の2本立て。前者はエントリーグレードの「9-4X」に、後者は上級グレードの「9-4X エアロ」に搭載され、どちらも6段ATおよびサーブの4WDシステム「XWD」と組み合わされる。
「9-4X エアロ」には、電子制御式のサスペンションからなるアダプティブシャシーシステム「サーブ・ドライブセンス」も与えられ、ドライブモードも3種類(インテリジェント/コンフォート/スポーツ)から選択可能。ボタンひとつで燃費を抑えた走りに切り替わる「エコモード」も備わる。

発売時期は、北米が最初で2011年5月。その他の地域はその3カ月後、8月のリリースが予定されている。

(webCG 関)

「サーブ9-4X エアロ」
「サーブ9-4X エアロ」

サーブ、新型クロスオーバー「9-4X」を公開の画像

サーブ、新型クロスオーバー「9-4X」を公開の画像
サーブ、新型クロスオーバー「9-4X」を公開の画像
サーブ、新型クロスオーバー「9-4X」を公開の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
  • 「スズキ・エスクード」にパワフルなターボモデル登場 2017.7.26 自動車ニュース 「スズキ・エスクード」に1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。ターボエンジンならではのトルクフルな走りに加え、メッキグリルや赤いアクセントが施されたインテリアなど、スポーティーな意匠も特徴となっている。
  • サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)【試乗記】 2011.8.3 試乗記 サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)
    ……721万9000円

    13年ぶりにフルモデルチェンジした「サーブ9-5」。“二枚目”なスタイリングに生まれ変わった新型の、走り方はいかに? 最上級のスポーティグレード「エアロXWD」に試乗した。
  • 「ジープ・レネゲード」の4WDモデルに“砂漠色”の新色登場 2017.8.10 自動車ニュース 「ジープ・レネゲード」の4WDモデル「トレイルホーク」のボディーカラーに、新規設定色の「モハベサンド」が追加された。広大な砂漠にインスピレーションを得たというベージュ系のボディーカラーで、これまでにも一部の特別仕様車などに設定されていた。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」に40台限定の特別仕様車 2017.7.28 自動車ニュース FCAジャパンが「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」に特別仕様車「ヴェローチェ・クオーレロッソ」を設定。アルファ・ホワイトのボディーカラーとレッドのインテリアカラーという、特別なカラーコンビネーションが特徴で、40台が限定販売される。
ホームへ戻る