【スペック】全長×全幅×全高=4290×1845×1360mm/ホイールベース=2610mm/車重=1350kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/価格=399万円(テスト車=同じ)

プジョーRCZ(FF/6AT)【試乗記】

「買い!」というにはあと一歩 2010.10.28 試乗記 プジョーRCZ(FF/6AT)
……399万円

プジョーの超個性派クーペ「RCZ」は、乗ってみても印象的? 右ハンドルのオートマモデルで、走りと乗り心地を試した。

プジョーの「TT」?

早朝。激しい雨のなか、『webCG』のS氏が「プジョーRCZ」で迎えに来てくれた。これから試乗かたがた、一緒に取材に行くのだ。

「RCZ、どうかな?」

あいさつ代わりにまことに漠然とした質問を投げると、「プジョーTTですよ」とにべもない。仕事熱心なSさんは、これから待つ雨の撮影にうんざりの様子だ。「できればマニュアルを借りたかったんですけど、スケジュールの関係でオートマになりました。6MTは19インチ、今回の6AT車は18インチ。なのに、なぜか6MTモデルのほうが乗り心地がいいんですよね……」と、軽井沢で行われたプジョーのプレス試乗会を思い出しながら教えてくれる。「まったくオートマは!」と、熱いクルマ好きのSさんは嘆息する。
「『カッコがいいだけによけいに残念!』と思っているのか」とシートとミラーの調整をしながら聞いていると、「RCZは、顔がニヤニヤしているところも気にくわない」とダメ押しの一言。うーむ……。
前後のウィンドウの上を、滝のように水が流れ落ちていく。
「降ればドシャぶり」。心の中でツブやくと、1.6リッターターボに火を入れた。

プジョーRCZは、2009年のフランクフルトショーで発表された2ドアクーペ。2610mmのホイールベースから推測されるように、「プジョー308」のコンポーネンツを活用してつくられたスペシャルモデルだ。ヨーロッパの、というかフランスに限定されるかもしれないが、古老のクルマ好きのなかには、「ダールマ・プジョーはよかった」と戦前の例を引いてプジョーの“変わり種"ボディを賞賛する人もいるのだとか。ライオンマークのスペシャルティは、長い歴史を背負っているのだ。少々脱線すると、メルセデスが「SLK」で先鞭(せんべん)をつけ、いまではすっかり一般的になった「自動折りたたみ式ルーフ」も、プジョーは「402」のいちバリエーションとして、戦前に開発、市販していた。スタイルだけでなく、テクノロジーの面でも先取の気質が十分だったわけだ。しかし時の流れは残酷で、大衆は忘れやすいものである。RCZをして「プジョーTT」と呼ぶSさんを、誰が責められよう。

ナッパレザーで仕立てられたシートには、シートヒーターが備わる。オプションで、ダッシュボードやドアトリムもレザーにすることができる。
ナッパレザーで仕立てられたシートには、シートヒーターが備わる。オプションで、ダッシュボードやドアトリムもレザーにすることができる。
ATモデルのホイールは、写真の18インチが標準。MTモデルでは19インチとなる。
ATモデルのホイールは、写真の18インチが標準。MTモデルでは19インチとなる。
荷室は、スタイリッシュなクーペにしては意外に大きく感じられる。トランクリッドには、速度に応じて角度が変わるリアウイングが備わる。
荷室は、スタイリッシュなクーペにしては意外に大きく感じられる。トランクリッドには、速度に応じて角度が変わるリアウイングが備わる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RCZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョーRCZ R(FF/6MT)【試乗記】 2014.4.17 試乗記 プジョースポールが手がけたハイスペックな「RCZ」に試乗。270psを生み出す1.6リッターターボユニットを搭載する「RCZ R」は、ドライバーに何を語りかけてくるのか? 箱根のワインディングロードを行く。
  • プジョーRCZ RHD 6AT(FF/6AT)/LHD 6MT(FF/6MT)【試乗記】 2010.9.2 試乗記 プジョーRCZ RHD 6AT(FF/6AT)/LHD 6MT(FF/6MT)
    ……399.0万円/423.0万円

    いよいよデリバリーが始まった、プジョーのコンパクトスポーツクーペ「RCZ」。エンジンの異なる2グレードに試乗し、その違いを探った。
  • プジョーRCZ(FF/6MT)【試乗記】 2013.7.16 試乗記 デビューから3年を経て、マイナーチェンジが施された「プジョーRCZ」。新たな顔を得た“個性派クーペ”の実力を、あらためてチェックした。
  • プジョーRCZ(FF/6AT)【試乗記】 2010.10.28 試乗記 プジョーRCZ(FF/6AT)
    ……399万円

    プジョーの超個性派クーペ「RCZ」は、乗ってみても印象的? 右ハンドルのオートマモデルで、走りと乗り心地を試した。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
ホームへ戻る