フォード、新エンジン搭載のマスタング発売

2010.10.27 自動車ニュース

フォード、「マスタング」のパワートレインを一新し、発売

フォード・ジャパン・リミテッドは2010年10月25日、スペシャルティカー「マスタング」シリーズのパワートレインを一新し、発売した。

今回変更を受けたのは「マスタング」「マスタングコンバーチブル」のすべてのグレード。

V8モデルはこれまでの4.6リッターV8 SOHCエンジンに代わって、新設計の5リッターV8 DOHCエンジンを搭載、V6モデルも、これまでの4リッターV6 SOHCエンジンに代わり、3.7リッターV6 DOHCエンジンが新たに搭載された。両エンジンともに、吸排気独立可変バルブタイミング機構「Ti-VCT」を採用することで出力を大幅に向上。V8モデルでは最高出力418ps(従来比99psアップ)、V6モデルは309ps(従来比96psアップ)を実現している。また、6段オートマチックトランスミッションが新採用され、パワーステアリングはこれまでの油圧式からエンジン駆動の負荷を低減する電動パワーアシスト式に変更を受けたことで、燃費の向上も実現したとうたわれる。

さらに、スタビライザーの大径化やストラットタワーバーの標準装備(V8 GTモデル)などで、ボディ剛性を向上。ブレーキディスクローターも大径化、ダンパーとスタビライザーブッシュもパフォーマンスアップにあわせてチューニングされ、「よりダイナミックでエキサイティングな走りを楽しめる」(プレスリリース)ようになったという。

このほか、V8モデル同様V6モデルにもリアスポイラーを標準装備。タイヤサイズも従来型より1インチアップの19インチ(V8モデル)と18インチ(V6モデル)となった。

各モデルの価格は以下のとおり。
マスタングV8 GTコンバーチブル プレミアム(FR/6AT):570万円
マスタングV8 GTクーペ プレミアム(FR/6AT):500万円
マスタングV6 クーペ プレミアム(FR/6AT):430万円

(webCG 本諏訪)

「マスタングV8 GTクーペ プレミアム」
「マスタングV8 GTクーペ プレミアム」 拡大
 
フォード、新エンジン搭載のマスタング発売の画像 拡大
「マスタングV6 クーペ プレミアム」
「マスタングV6 クーペ プレミアム」 拡大

関連キーワード:
マスタングマスタング コンバーチブルフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • フォード・マスタング エコブースト(FR/6AT)/マスタングGT(FR/6AT)【海外試乗記】 2014.10.15 試乗記 フォードの看板スポーティーカーのモデルチェンジともなれば、それだけでちまたは大騒ぎだが、今度の新型はちょっと違う。「マスタング」の心臓として、いよいよ直4ユニットが載るのだ。“再定義されたアメリカンマッスル”をロサンゼルス郊外で試した。
  • スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ【開発者インタビュー】 2018.7.5 試乗記 実に20年ぶりのフルモデルチェンジによって登場した、4代目となる新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」。ラダーフレーム、副変速機、パートタイム4WDという“伝統”をつらぬいた新型に込めた思いを、チーフエンジニアが語った。
  • トヨタ・クラウン【開発者インタビュー】 2018.7.2 試乗記 ユーザーの若返りを最重要課題に掲げて全面的に刷新された、トヨタの高級セダン「クラウン」。その開発に込めた思いを、チーフエンジニアの秋山 晃さんと、デザインを取りまとめた國重 健さんに語ってもらった。
  • 第1回:検証“2リッター・カマロ”の魅力と実力 2018.6.29 シボレー・カマロに宿るモダンアメリカンの魅力<PR> 50年を超える歴史を持つ、アメリカを代表するスペシャリティーカー「シボレー・カマロ」。その魅力を探るべく、2リッターの高出力ターボエンジンを積んだコンバーチブルでツーリングを実施。今どきのアメリカ車だけに許された、豊かな味わいに触れた。
ホームへ戻る