フォード、新エンジン搭載のマスタング発売

2010.10.27 自動車ニュース

フォード、「マスタング」のパワートレインを一新し、発売

フォード・ジャパン・リミテッドは2010年10月25日、スペシャルティカー「マスタング」シリーズのパワートレインを一新し、発売した。

今回変更を受けたのは「マスタング」「マスタングコンバーチブル」のすべてのグレード。

V8モデルはこれまでの4.6リッターV8 SOHCエンジンに代わって、新設計の5リッターV8 DOHCエンジンを搭載、V6モデルも、これまでの4リッターV6 SOHCエンジンに代わり、3.7リッターV6 DOHCエンジンが新たに搭載された。両エンジンともに、吸排気独立可変バルブタイミング機構「Ti-VCT」を採用することで出力を大幅に向上。V8モデルでは最高出力418ps(従来比99psアップ)、V6モデルは309ps(従来比96psアップ)を実現している。また、6段オートマチックトランスミッションが新採用され、パワーステアリングはこれまでの油圧式からエンジン駆動の負荷を低減する電動パワーアシスト式に変更を受けたことで、燃費の向上も実現したとうたわれる。

さらに、スタビライザーの大径化やストラットタワーバーの標準装備(V8 GTモデル)などで、ボディ剛性を向上。ブレーキディスクローターも大径化、ダンパーとスタビライザーブッシュもパフォーマンスアップにあわせてチューニングされ、「よりダイナミックでエキサイティングな走りを楽しめる」(プレスリリース)ようになったという。

このほか、V8モデル同様V6モデルにもリアスポイラーを標準装備。タイヤサイズも従来型より1インチアップの19インチ(V8モデル)と18インチ(V6モデル)となった。

各モデルの価格は以下のとおり。
マスタングV8 GTコンバーチブル プレミアム(FR/6AT):570万円
マスタングV8 GTクーペ プレミアム(FR/6AT):500万円
マスタングV6 クーペ プレミアム(FR/6AT):430万円

(webCG 本諏訪)

「マスタングV8 GTクーペ プレミアム」
「マスタングV8 GTクーペ プレミアム」
 
フォード、新エンジン搭載のマスタング発売の画像
「マスタングV6 クーペ プレミアム」
「マスタングV6 クーペ プレミアム」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マスタングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • シボレー・カマロ 2016.12.1 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが2017年の戦略を説明するビジネスコンファレンスを開催。その席で、2017年に導入する予定の新型「シボレー・カマロ」(米国仕様)を日本初公開した。6代目となる新型カマロの姿を、写真で紹介する。
  • 「水野和敏的視点」 vol.106 フォード・マスタング 50 YEARS EDITION(前編) 2015.6.26 mobileCG 外観はレトロ、でも中身は最新。水野和敏氏は新型「マスタング」をこう見る。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
ホームへ戻る