第116回:webCG&CGチーム、カートレースでサイフが空に!?

2010.10.27 エッセイ

第116回:webCG&CGチーム、カートレースでサイフが空に!?

2010年10月某日、千葉県にある新東京サーキットにて、ルノー・ジャポン主催のチャリティカートレースが行われた。『webCG』は自動車専門誌『CAR GRAPHIC』とタッグを組み、このレースに参戦した。果たしてその結果は?

クルマはバリアフリー

メディア対抗「ワールドチャリティカートカップbyルノー・ジャポン」と銘打たれたこのイベントは、「体の不自由な人にもクルマの楽しさを伝えたい」というルノー・ジャポンの思いから企画されたもの。
なお、日本オリジナルの企画ながら「ワールド」と付くのは、欧州を中心に行われるフォーミュラカーのレース「ワールドシリーズ・バイ・ルノー」になぞらえたためだ。

下半身が不自由であるというハンディキャップを負いながらレース活動を続ける青木拓磨選手も、同イベントに招待されている。
「クルマに乗れば、障害者も健常者も同じ条件で(クルマで行けるところには)どこにでも行ける。クルマはとてもバリアフリーなんです」と、同氏。たしかに道路上の自動車社会の一員としては、障害者も健常者も違いはないといえよう。そしてそれは、サーキットでもしかりである。

さて、このチャリティの企画に賛同し参加したチームは自動車媒体がメインで、レース専門誌もちらほら。他にも、F1日本グランプリのため来日していたビタリー・ペトロフ選手や、SUPER GTドライバーの本山哲選手もエントリーリストに名を連ねている。

これら強豪に立ち向かうべく招集された精鋭(?)は、『webCG』からコンドーと本諏訪、自動車専門誌『CAR GRAPHIC』からは桐畑選手。さらに、今回撮影をお願いした峰カメラマンもメンバーに入ってもらった。

第116回:webCG&CGチーム、カートレースでサイフが空に!?の画像
青木拓磨選手は今回は手だけで運転できるカートを駆って参戦した。普段はルノー・ジャポンのサポートにより、手だけで運転できる「コレオス」に乗っているそうだ。
青木拓磨選手は今回は手だけで運転できるカートを駆って参戦した。普段はルノー・ジャポンのサポートにより、手だけで運転できる「コレオス」に乗っているそうだ。
ツーリングカーレース出身であるため、実はカートは2度目という、F1パイロットのビタリー・ペトロフも参戦。
ツーリングカーレース出身であるため、実はカートは2度目という、F1パイロットのビタリー・ペトロフも参戦。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ