【スペック】全長×全幅×全高=3850×1695×1510mm/ホイールベース=2430mm/車重=970kg/駆動方式=FF/1.2リッター直4DOHC16バルブ(91ps/6000rpm、12.0kgm/4800rpm)/価格=124万4250円(テスト車=126万5250円)

スズキ・スイフトXG(FF/5MT)【ブリーフテスト】

スズキ・スイフトXG(FF/5MT) 2010.10.27 試乗記 ……126万5250円
総合評価……★★★★

姿カタチを大きく変えずに中身を一新した、スズキの世界戦略車「スイフト」。ベースグレードの走りと使い勝手をテストした。

スズキ・スイフトXG(FF/5MT)【ブリーフテスト】

基本がしっかりしている

日本車離れしたデザインと走りで人気を呼んだスズキのグローバルコンパクト「スイフト」がフルモデルチェンジを実施した。「これでフルモデルチェンジ?」と口に出てしまいそうなほど、見た目のイメージは旧型に似ている。もともとカッコがいいのに、わざわざいじって壊す必要はないわけで、それよりも中身を鍛え上げることに力を注ぐべきだろう。

カンジンな中身は、カッチリとしたボディに、実用的かつ低燃費のエンジンが搭載され、乗り味もまずまず。コンパクトカーといえども、クルマとしての基本がしっかりしているのがスイフトの魅力だ。それだけに、初心者からこだわり派にいたるまで、誰にでも自信を持って薦められる。

今回試乗したのはマニュアルトランスミッション(MT)仕様。MT派にしてみれば、オートマチックが主流のこの時代に選択肢が残されているだけでも「御の字」というところ。しかし、消去法ではなく、積極的に選べるというスイフトは、MTが必須のユーザーにとっても、オススメの一台である。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スイフトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
ホームへ戻る