クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=3850×1695×1510mm/ホイールベース=2430mm/車重=970kg/駆動方式=FF/1.2リッター直4DOHC16バルブ(91ps/6000rpm、12.0kgm/4800rpm)/価格=124万4250円(テスト車=126万5250円)

スズキ・スイフトXG(FF/5MT)【ブリーフテスト】

スズキ・スイフトXG(FF/5MT) 2010.10.27 試乗記 ……126万5250円
総合評価……★★★★

姿カタチを大きく変えずに中身を一新した、スズキの世界戦略車「スイフト」。ベースグレードの走りと使い勝手をテストした。

スズキ・スイフトXG(FF/5MT)【ブリーフテスト】

基本がしっかりしている

日本車離れしたデザインと走りで人気を呼んだスズキのグローバルコンパクト「スイフト」がフルモデルチェンジを実施した。「これでフルモデルチェンジ?」と口に出てしまいそうなほど、見た目のイメージは旧型に似ている。もともとカッコがいいのに、わざわざいじって壊す必要はないわけで、それよりも中身を鍛え上げることに力を注ぐべきだろう。

カンジンな中身は、カッチリとしたボディに、実用的かつ低燃費のエンジンが搭載され、乗り味もまずまず。コンパクトカーといえども、クルマとしての基本がしっかりしているのがスイフトの魅力だ。それだけに、初心者からこだわり派にいたるまで、誰にでも自信を持って薦められる。

今回試乗したのはマニュアルトランスミッション(MT)仕様。MT派にしてみれば、オートマチックが主流のこの時代に選択肢が残されているだけでも「御の字」というところ。しかし、消去法ではなく、積極的に選べるというスイフトは、MTが必須のユーザーにとっても、オススメの一台である。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
軽自動車「Kei」をベースにした、1.3リッター直4エンジン搭載の小型乗用車として2000年1月に誕生したのが初代「スイフト」。
2004年11月にモデルチェンジされ、ブラットフォームを一新。1.3リッターに加え1.5リッターエンジンもラインナップし、本格的な世界戦略車となった。
2007年5月にマイナーチェンジを受け、新開発の1.2リッターエンジンを採用。1.3リッター+ATが1.2リッター+CVTに入れ替えられた。なお、4WDやMTモデルでは1.3リッターエンジンがキャリーオーバーされた。
2010年8月にフルモデルチェンジされ、エンジンは国内市場では1.2リッターのみにしぼられ、1.3リッターは廃止された。トランスミッションもCVT(副変速機付)と5MTのみとなった。CVTモデルにはFF車のほか4WD車も用意される。

(グレード概要)
グレードは装備の違いで3種用意される。ベーシックな「XG」のほか、中間グレード「XL」と装備が充実した「XS」。テスト車は「XG」のMTモデル。同じMTモデルがある「XL」と比べ、本革巻きステアリングホイールがウレタンに、16インチアルミホイールが15インチホイールキャップ付になるほか、リアシートのリクライニング機能やLEDサイドターンランプ付ドアミラーは装備されない。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
先代スイフトもあか抜けたデザインだったが、新型もまたシックで大人っぽい雰囲気に仕上げられている。黒を基調としたダッシュボードは、その大部分に小さな幾何学模様のシボを整然と並べることで、若々しさと上質さを上手に表現している。マットシルバーのパネルも、スポーティさの演出には効果的で、地味な感じとも無縁だ。
メーターは大きくシンプルなアナログタイプ。外側にはシルバーのリングが配され、透明のスケールが組み合わされるが、スケール部分が太すぎて多少目盛りが見にくくなるのが難点。それでも全体の仕上がりは上々だ。

(前席)……★★★★
エントリーグレードであっても、シート本体にシートリフターが付き、また、ステアリングにチルト&テレスコピック調節が備わるのは実にうれしい。おかげで自然なシートポジションをとることができた。ファブリックのシートは背中を包み込んでくれる感触だが、個人的にはもう少し腰のあたりがしっかり支えられると助かる。ランバーサポートがあればよかった。
ドライバーまわりの収納は比較的豊富で、ドアポケット、ドリンクホルダー、ダッシュボード上のふた付きトレーなど、小物の置き場には困らない。

(後席)……★★★
高めの全高を生かし、フロアから座面までの高さを十分確保したおかげで、大人でも自然な姿勢がとれるリアシート。前席下につま先がラクに入るので足元が窮屈ということはなく、レッグルームにも余裕がある。
一方、ヘッドルームは必要十分というレベルにとどまり、視覚的にはもう少し開放感がほしいところだ。シートバックがやや立ち気味で、座っていていまひとつしっくりこないのが気になるところ。この「XG」にはリクライニングが非装備だが、標準装備となる他グレードなら印象は変わるかもしれない。

(荷室)……★★★
コンパクトなスイフトはラゲッジスペースもコンパクトだ。全長を考えればやむを得ないが、奥行きが軽の「アルト」並みというのはさびしい。フロアは二重底になっていて、フロアボードを上で固定すれば床下収納が可能になるし、リアシートを倒したときにフロアがちょうどフラットになるのは便利。リアシートは分割可倒式で、ハッチバックとしての機能性は十分。


スズキ・スイフトXG(FF/5MT)【ブリーフテスト】の画像 拡大

スズキ・スイフトXG(FF/5MT)【ブリーフテスト】の画像 拡大

スズキ・スイフトXG(FF/5MT)【ブリーフテスト】の画像 拡大
荷室フロアのラゲッジボードを取り外せば、高さのある荷物も収納することができる。写真をクリックするとシートアレンジが見られます。
荷室フロアのラゲッジボードを取り外せば、高さのある荷物も収納することができる。写真をクリックするとシートアレンジが見られます。 拡大

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★★
現時点でスイフトに搭載されるエンジンは、1.2リッター直列4気筒DOHCの1種類。フルモデルチェンジにあたり、吸排気ともに可変バルブタイミング機構を備えたというが、この出来栄えが思いのほかいい! あきれるほど軽いクラッチペダルをつないで発進すると、1500rpm以下ではややノイズや振動が気になるものの、970kgの軽量ボディを押し出すには十分なトルクを発生させる。街中では2000rpm以下でも不自由なく走ることができ、平均車速20km/hに満たない都内でも、15km/リッターの燃費をマークしたのは立派だ。

2000rpmを超えるとそこから徐々にトルクは太りはじめ、さらに回して4000rpmを過ぎると盛り上がりを感じさせる展開に。絶対的なパワー/トルクはたかが知れているが、スポーティな感覚には十分浸ることができる。マニュアルの節度あるシフト感も、楽しさを倍増する。

(乗り心地+ハンドリング)……★★★
「ヨーロッパで鍛えた足まわり」と言いながら、乗ってみると乗り心地はむしろソフトで、快適さが前面に出たセッティングだ。ただ、そのぶん路面によっては上下動の収まりがいまひとつで、ピッチングが気になることがあった。個人的にはもう少し硬めで、落ち着きがあるほうがいいと思う。

高速のスタビリティはまずまず。センターがスローな可変ギアレシオステアリングも、安定感に一役買っているようだ。コーナーでは、ノーズがスッと入っていく感じがとてもスポーティ。その一方で、濡れた路面ではリアの落ち着きが足りず、ヒヤッとすることもあった。今後の熟成に期待したい。

(写真=峰昌宏)

【テストデータ】

報告者:生方聡
テスト日:2010年9月30日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2010年型
テスト車の走行距離:1380km
オプション装備:専用AM/FMラジオ付CDプレーヤー(2万1000円)
タイヤ:(前)175/65R15(後)同じ(いずれも、ヨコハマ・デシベルE70)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3):高速道路(7)
テスト距離:305.0km
使用燃料:25.17リッター
参考燃費:12.12km/リッター

関連キーワード:
スイフトスズキ試乗記

あなたにおすすめの記事