ランボルギーニ、後輪駆動の「ガヤルド」を発表

2010.10.26 自動車ニュース

ランボルギーニ、後輪駆動の「ガヤルドLP550-2」を発表

ランボルギーニ・ジャパンは2010年10月22日、「ランボルギーニ・ガヤルド」に後輪駆動モデル「ガヤルドLP550-2」を設定し、販売を開始した。

「ランボルギーニ・ガヤルドLP550-2」は、2009年7月に日本で限定発売された「ガヤルドLP550-2 バレンティーノ・バルボーニ」に続く、後輪駆動モデル。バレンティーノ・バルボーニが好評を博したことを受け、今回はベーシックなモデルが、より低価格で販売されることとなった。

搭載されるエンジンは、排気量5204ccのV10。最高出力550ps/8000rpm、最大トルク55.1kgm/6500rpmを発生し、後輪を駆動する。トランスミッションは、6段MTと6段AT(e-gear)が選べる。

ランボルギーニによれば、ガヤルドLP550-2では、単に駆動方式を4WDからMRに変更しただけでなく、サスペンションやタイヤ、電子デバイス、リミテッドスリップデフ、さらには空力に至るまで、ドライビングダイナミクスに関連するさまざまなパーツをセッティングし直したという。なかでもESPは標準「ガヤルド」と特性が異なり、標準モードでは高い安定性を重視し、スポーツ走行向きの“コルサ”モードでは従来よりもドリフトを許容する設定となっているという。

さらにエンジンにも改良が施され、高回転域まで官能的な回り方をするセッティングが追求されているとか。公表性能データによると、車重1380kgのガヤルドLP550-2の性能は、0-100km/h加速が3.9秒、最高速度は320km/hとなっている。

価格は、6段MT仕様が2303万1750円、6段AT(e-gear)仕様は2408万1750円。

(webCG 曽宮)

「ランボルギーニ・ガヤルドLP550-2」
「ランボルギーニ・ガヤルドLP550-2」
標準の「ガヤルド」同様、「ガヤルドLP550-2」にもあらゆるエクステリアカラーとインテリアトリムなどの組み合わせが可能なカスタマイズプログラム「アド・ペルソナム」が設定される。
標準の「ガヤルド」同様、「ガヤルドLP550-2」にもあらゆるエクステリアカラーとインテリアトリムなどの組み合わせが可能なカスタマイズプログラム「アド・ペルソナム」が設定される。

ランボルギーニ、後輪駆動の「ガヤルド」を発表の画像

ランボルギーニ、後輪駆動の「ガヤルド」を発表の画像
関連記事
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP560-2 50° アニヴェルサリオ(MR/6AT)【試乗記】 2013.9.9 試乗記 デビューから11年目に入り、モデルライフの最終章にある「ガヤルド」。しかし、その走りの切れ味は今なお新鮮だ。ランボルギーニの創業50周年を祝うスペシャルモデルで、ワインディングロードに挑んだ。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • 800psの「フェラーリ812スーパーファスト」が日本上陸 2017.5.23 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2017年5月23日、最高出力800psを発生する新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を日本国内で初披露した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】NEW 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
ホームへ戻る