スバル・フォレスターのSTIバージョン、限定発売

2010.10.25 自動車ニュース

「スバル・フォレスター」のSTIバージョン、300台限定で発売

富士重工業のモータースポーツ部門を担うスバルテクニカインターナショナル(STI)は2010年10月25日、コンプリートカー「スバル・フォレスター tS」を発表。同年12月24日に300台限定で発売する。

「スバル・フォレスター tS」は、「スバル・フォレスター」の新グレード「S-EDITION」(エスエディション)をベースに、独自のチューニングを施したコンプリートカーだ。

エンジンは、ベースモデルと同じ「インプレッサWRX STI A-Line」譲りの2.5リッターターボユニット(263psと35.4kgm)ながら、STIが独自にチューニングを施した前後ダンパーとスプリング、「フレキシブルタワーバーフロント」と「フレキシブルサポートリヤ」、さらに新開発の「フレキシブルドロースティフナーリヤ」などのパーツを組み込み、足まわりを強化。「STIコンプリートカーならではの、強靭(きょうじん)でしなやかな走りを実現した」という。

内外装も、エンブレム類はもとより、フロントスポイラーやアルミホイール、マフラー、シート、ステアリングホイールなどが独自のものに変更され、スポーティな走りが演出される。
ボディカラーは、専用色の「WRブルーマイカ」など全4色から選択可能だ。

価格は、ベースモデルより49万3500円アップの362万2500円。300台の限定で販売される。受注は2011年3月31日まで。

(webCG 関)

「スバル・フォレスター tS」
「スバル・フォレスター tS」

スバル・フォレスターのSTIバージョン、限定発売の画像
特別装備のひとつ、「フレキシブルタワーバーフロント」。
特別装備のひとつ、「フレキシブルタワーバーフロント」。

スバル・フォレスターのSTIバージョン、限定発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォレスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開 2017.4.7 自動車ニュース スバルは2017年4月7日、米国・ニューヨークで開催されるニューヨーク国際オートショー(開催期間:4月12日~23日)で、2018年型の「スバル・アウトバック」(米国仕様車)を公開すると発表した。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】NEW 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る