スバル・フォレスターのSTIバージョン、限定発売

2010.10.25 自動車ニュース

「スバル・フォレスター」のSTIバージョン、300台限定で発売

富士重工業のモータースポーツ部門を担うスバルテクニカインターナショナル(STI)は2010年10月25日、コンプリートカー「スバル・フォレスター tS」を発表。同年12月24日に300台限定で発売する。

「スバル・フォレスター tS」は、「スバル・フォレスター」の新グレード「S-EDITION」(エスエディション)をベースに、独自のチューニングを施したコンプリートカーだ。

エンジンは、ベースモデルと同じ「インプレッサWRX STI A-Line」譲りの2.5リッターターボユニット(263psと35.4kgm)ながら、STIが独自にチューニングを施した前後ダンパーとスプリング、「フレキシブルタワーバーフロント」と「フレキシブルサポートリヤ」、さらに新開発の「フレキシブルドロースティフナーリヤ」などのパーツを組み込み、足まわりを強化。「STIコンプリートカーならではの、強靭(きょうじん)でしなやかな走りを実現した」という。

内外装も、エンブレム類はもとより、フロントスポイラーやアルミホイール、マフラー、シート、ステアリングホイールなどが独自のものに変更され、スポーティな走りが演出される。
ボディカラーは、専用色の「WRブルーマイカ」など全4色から選択可能だ。

価格は、ベースモデルより49万3500円アップの362万2500円。300台の限定で販売される。受注は2011年3月31日まで。

(webCG 関)

「スバル・フォレスター tS」
「スバル・フォレスター tS」

スバル・フォレスターのSTIバージョン、限定発売の画像
特別装備のひとつ、「フレキシブルタワーバーフロント」。
特別装備のひとつ、「フレキシブルタワーバーフロント」。

スバル・フォレスターのSTIバージョン、限定発売の画像

関連キーワード:
フォレスタースバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバルXVハイブリッド 2.0i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.12.14 試乗記 足まわりの改良、燃費の改善、安全装備や運転支援システムの強化と、2012年のデビュー以来、度重なる改良を通して進化を遂げてきた「スバルXV」。ハイブリッドシステムを搭載した上級グレードの試乗を通し、今日におけるその実力を測った。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る