【スペック】全長×全幅×全高=4628×1899×1484mm/ホイールベース=2776mm/車重=1554kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(180ps/5700rpm、24.5kgm<オーバーブースト時:27.5kgm>/1600-5000rpm)(欧州仕様車)

ボルボV60 T4(FF/6AT)【海外試乗記】

ワゴンときどきクーペ 2010.10.24 試乗記 ボルボV60 T4(FF/6AT)
ボルボ史上最もスポーティなワゴン「V60」にイタリアで試乗。大胆にイメージを変えた、最新ボルボの走りをリポートする。

大胆なスタイリング

ボルボの歴史で最もスポーティなセダン「S60」に続き、その精神をボルボお得意のワゴンで表現した「V60」の試乗会が、イタリアはベローナの郊外で開かれた。ベローナといえば中世の雰囲気をよく残した町で、シェイクスピアの悲劇『ロミオとジュリエット』の舞台としても知られる。われわれが訪れたのはその郊外。のんびりとした風景にワイン畑が広がり、その間をワインディングロードが縫って走る丘陵がV60の舞台だった。ボルボ・ファミリー随一のスポーツワゴンの実力を試すには、格好のコースである。

シートに着く前にぐるっとひと回り、V60のスタイリングをチェックする。ボディ側面のウィンドウグラフィックによる視覚的な効果もあって、ルーフラインは優雅な曲線を描いている。
通常なら垂直方向に切り立ったテールゲートもV60では寝かされていて、ずいぶんと躍動的だ。さらに前後のオーバーハングは左右が絞り込まれているので、斜め方向から見ると、実際よりオーバーハングが短く見えるようになっている。かなりクーペ的な造形にこだわっていることがわかる。

格好がいいぶん、ラゲッジスペースの容量が限られてしまうのは、まあ仕方のないところか。リアシートを立てた状態での容量は430リッター。「アルファ159スポーツワゴン」が445リッターで、「BMW3シリーズツーリング」が460リッターなので、V60がいかに思い切ったコンセプトを持つワゴンなのかわかるだろう。たくさん積みたい人は「V70」を選ぶべき。ボルボ自身もそう考えているはずだ。
もっとも、その限られたスペースをきっちり使い切る姿勢は、いつものボルボ流。リアシートは40:20:40の比率で倒れるようになっており、倒せばきっちりフラットになる。しかも、その状態でのフロア長は175cm近く取れるから、イケアで大物家具を買っても何とか持って帰れそうだ。


ボルボV60 T4(FF/6AT)【海外試乗記】の画像
リアシートには、2席分のチャイルド・ブースター・クッション(写真)を組み込むことができる。
リアシートには、2席分のチャイルド・ブースター・クッション(写真)を組み込むことができる。
4:2:4の3分割可倒式リアシートを前に倒せば、奥行き175cmの荷室スペースが確保できる。(写真=竹下元太郎)
4:2:4の3分割可倒式リアシートを前に倒せば、奥行き175cmの荷室スペースが確保できる。(写真=竹下元太郎)
関連記事
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
ホームへ戻る