第165回:あのモンテゼーモロが激怒! イタリア流困ったコト、進んでるコト

2010.10.23 エッセイ

第165回:あのモンテゼーモロが激怒! イタリア流困ったコト、進んでるコト

夢の鉄道、暗礁に

あのルカ・ディ・モンテゼーモロが怒った。怒りの矛先はイタリア国鉄である。2010年10月7日のことだ。
モンテゼーモロは2008年、自らが会長を務める鉄道会社「NTV」の概要を発表した。これは筆者が以前『webCG』のニュースで報じたとおりだ。

NTVといっても「日本テレビ」ではない。「Nuovo Trasporto Viaggiatori(新旅客輸送)」の略である。
既存のイタリア国鉄の路線網を借りるかたちで、独自の高速列車「イタロ号」を走らせるという計画だ。すでにイギリスでヴァージン・グループの鉄道会社が運営しているのと同じ方式である。

しかし、モンテゼーモロ会長によれば、「NTV社が車両型式認定のため借りられるはずだったイタリア国鉄の車両基地提供が実行に移されていない」と指摘。イタリア国鉄の「組織的妨害」という言葉を使って激しく非難した。

当初の予定だった2011年9月の開通は怪しくなっている。NTVの投資額は10億ユーロ(約1140億円)に及び、25両の新造車両を投入するプロジェクトだけに、モンテゼーモロは真剣だ。
さらに1000人ほどの新しい雇用を創出予定でもあり、イタリアでは電信電話以来の大規模な自由化のきっかけを与えるのに、この待遇はおかしいというのがモンテゼーモロの訴えである。そのため彼は、ベルルスコーニ首相に直談判すべく、早期の面会を要求している。

このニュースを知ったボクは、「イタリアの鉄道網はただでさえ周辺国から遅れているのに」と思わず嘆いてしまった。考えてみれば、イタリアに住んでいるとさまざまな障壁が多い。今回は交通や通信関係を中心に、このあたりを考えてみた。

モンテゼーモロ会長と高速列車「イタロ号」のスケールモデル。
モンテゼーモロ会長と高速列車「イタロ号」のスケールモデル。
NTV社の高速列車「イタロ号」。
NTV社の高速列車「イタロ号」。
第165回:あのモンテゼーモロが激怒! イタリア流困ったコト、進んでるコトの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。