第413回:それでいいの? 過剰安全ニッポン!
 深夜3時ナゾの“無工事”車線規制の愚

2010.10.22 エッセイ

第413回:それでいいの? 過剰安全ニッポン! 深夜3時ナゾの“無工事”車線規制の愚

工事していないのに規制!?

いやー、久々に怒! 怒!! 怒!!! っていうか、このまま行くと日本の交通社会はもちろん、ひいては日本はどうなっちゃうんだろ? と思いましたね。道路の安全に対する考え方というか、根本の安全思想!

というのも先日終わったばかりですけど、10月4日から15日のうちの9日間、東名高速で集中工事やってたじゃないですか。多くの区間で2車線を1車線にして。
それ自体は別にいいと思うんですね。道路は生ものというか傷むもの。何年かに1回の集中工事も必要でしょうし、多少の犠牲も必要。ただ問題はその中身ですよ中身!

まずは10月6日の昼間。取材で東京から名古屋まで行く用事があって、わけあって中央を使わずに東名で行ったんですわ。渋滞覚悟で。そしたら東京インターから名古屋インターまでのほぼ300kmがずーっと1車線で、いつもは3〜4時間ちょいで行くところが、実に倍の7時間半。朝8時台に出て、着いたの午後4時ですよ。ふぅ〜。

で、通った人は知ってると思うけど、工事してるはずの1車線、ずっと工事してるわけじゃないんだよね。数100m、いや数kmの間作業してなくても連続で車線規制しっぱなし。理由はホームページでも現場の看板でも訴えてるけど、「安全のための連続規制中」ってことになってます。

正直、個人的には全く納得できない。空いてるところが数kmもあれば、速い乗用車が、遅いトラック抜いて前に出ることができ、それだけでも効率的な上、エコロジーでもある。ところが工事側はそういう追い抜きやスピードが“危ない”というリクツだ。

俺的には、それがわずか100m程度の無工事区間ならわかるが、延々と何kmも2車線空いてるのに通れないのは理解できないし、なんらかの基準を示してほしいが、ここは一応大人である。一歩譲って、「仕方がない」としよう。

でも……。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』