ルノー・ルーテシア ゴルディーニ R.S. 限定発売

2010.10.22 自動車ニュース

ハイパフォーマンスな限定車「ルノー・ルーテシア ゴルディーニ R.S.」発売

ルノー・ジャポンは2010年10月22日、ハイパフォーマンスな限定モデル「ルノー・ルーテシア ゴルディーニ R.S.」を日本に導入。同日に発売した。

■名車の車名が復活!

「ルーテシア ゴルディーニ R.S.」は、既存のハイパフォーマンスモデル「ルーテシア ルノースポール」をベースとするスペシャルモデルだ。

その車名は、1950〜70年代にかけてルノーの高性能モデルを送り出した名エンジニア、アメデ・ゴルディーニに由来するもの。氏の手がけた“チューンド・ルノー”は、過去も同様にゴルディーニ名を添えて世に出され、ラリーフィールドなどで活躍。なかでも1964年に発売され、同年のコルシカラリーを制した「ルノー8 ゴルディーニ」が広く知られる。

それら往年のツワモノは、ベースのルノー車と異なるハイパフォーマンスなエンジンチューンで知られるが、このたび復活した「ルーテシア ゴルディーニ R.S.」は、そもそもベースモデルが「ルーテシア」の高性能版。機関や足まわりなど走りに関係する部分はそのままに、内外装の変更を中心としたカスタマイズが施されている。

ボディとホイールの色は、往年のゴルディーニ・モデルを思わせる専用色のブルーに統一され、「G」イニシャルを透かし入れたホワイトストライプや、同じくホワイトのエアインテークフィンとサイドミラー、専用エンブレムなどでドレスアップ。
インテリアも、シート、ステアリングホイール、シフトノブそれぞれが、ブルー&ブラックのツートンカラーで統一された専用パーツとなる。
(細部の写真はこちら)

価格は、ベースモデルより35万円アップの、334万円。
今夏フランスで期間限定生産されたものから30台を確保しての日本導入だったが、この日、朝9時に受注が始まってから正式発表までのわずか1時間で、あっさり売り切れてしまった。

そんなゴルディーニ・モデルは「トゥインゴ ルノースポール」でも展開されており、いまから来春の日本導入が検討されているとのことである。

(webCG 関)

「ルノー・ルーテシア ゴルディーニ R.S.」
「ルノー・ルーテシア ゴルディーニ R.S.」
インテリアの様子。ところどころに、イメージカラーの青があしらわれる。
インテリアの様子。ところどころに、イメージカラーの青があしらわれる。

ルノー・ルーテシア ゴルディーニ R.S. 限定発売の画像
発表会場には、ルノーのワークスドライバーとして名をはせたジャン・ラニョッティ氏(写真)も姿を見せ、ゴルディーニ氏との交流や、ラリーのエピソードを紹介した。「いまのルノースポールは、昔のクルマと違って安心してトバせますね」と、ニッコリ。
発表会場には、ルノーのワークスドライバーとして名をはせたジャン・ラニョッティ氏(写真)も姿を見せ、ゴルディーニ氏との交流や、ラリーのエピソードを紹介した。「いまのルノースポールは、昔のクルマと違って安心してトバせますね」と、ニッコリ。

関連キーワード:
ルーテシアルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.11.23 試乗記 ルノーのCセグメントハッチバック「メガーヌ」がモデルチェンジ。その第1弾として、標準モデルとともに日本に導入されたのが、高性能版の「GT」だ。箱根のワインディングロードで、ルノー・スポールが手がけたこだわりのハンドリングを満喫した。
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【レビュー】 2017.12.2 試乗記 40mm長いホイールベースを持つ新型「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデル「メガーヌ スポーツツアラー」。ロングドライブの機会が多いモデルだからこそ浴することのできる、4輪操舵の恩恵とは? ハッチバックとは一味違う、その走りをリポートする。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記
  • 「DS 3」に“トカゲ革模様”の限定モデルが登場 2017.12.4 自動車ニュース