【スペック】全長×全幅×全高=3900×1695×1525mm/ホイールベース=2500mm/車重=1130kg/駆動方式=FF/1.3リッター 直4SOHC8バルブ(88ps/5800rpm、12.3kgm/4500rpm)、モーター(14ps/1500rpm、8.0kgm/1000rpm)/価格=172万円(テスト車=201万6500円/HDDインターナビシステム+インターナビプレミアムクラブ=26万5000円/車体色プレミアムホワイトパール=3万1500円)

ホンダ・フィットハイブリッド スマートセレクション(FF/CVT)【試乗記】

フィット“ハイグレード” 2010.10.22 試乗記 ホンダ・フィットハイブリッド スマートセレクション(FF/CVT)
……201万6500円

ホンダの売れっ子コンパクト「フィット」に、モーター付きのハイブリッドバージョンが登場。で、普通のフィットと、どう違う? 『webCG』のコンドーと関がチェックしてみた。

地味すぎる?

関(以下「せ」):ハイブリッドのスポーツカー「CR-Z」が出たと思ったら、今度は「フィット」のハイブリッドバージョン。ホンダ、ハイブリッド攻勢です。
コンドー(以下「コ」):その名も、「フィットハイブリッド」! ……って、そのまんまやがな。

せ:いまや「フィット」は、ホンダ車の3割近い売り上げを占めるそうですよ。ちまたで注目のハイブリッドシステムをそんな売れっ子に持たせるとは、勝負に出ましたね。
コ:でも、現行型の2代目「フィット」が出てからもう3年たつんやろ? その気になれば、「インサイト」や「CR-Z」より先に出せてたようなもんやけど。
せ:実際いまの「フィット」は、ハイブリッドシステムの搭載を前提に設計されてます。とりあえずは、先進感のあるハイブリッド専用車に先を譲っておいて――
コ:世間でのハイブリッド人気がハッキリしたから、「フィット」にもお鉢が回ってきたわけやな。
せ:もともと売れてる実用車を、いきなりエコカーのイメージで染めたくなかったという思いもあったようですけど。

コ:満を持しての割には、ファミリーのマイナーチェンジの一環やろ。なんかこう、特別感がないような……。
せ:見た目も、ノーマルとほとんど変わりません。せいぜいバッジとグリルくらい。ヘッドランプが青いのも、ボディカラーが白じゃないと、気付きにくい。
コ:金ピカやらスケルトンにせえとは言わへんけど、せめてエアロパーツなんかの演出はあってもよかったん違うん。
せ:専用のエアロパーツは、じつは車体の裏側に付いてます。アンダーフロアをフラットにして、燃費向上につなげてるんです。

コ:インテリアも、ほとんど間違い探しのレベルやなぁ。さすがにモーターのパワーメーターやらエコゲージやら、ハイブリッド特有の計器もあるけど、デザインはいまじゃ見慣れたもん。あ、テレビCMでも言うてるけど、「バッテリー、どこに隠した?」
せ:定番ですが、荷室のフロアをめくったところ。もともとアンダーボックスが確保されてた場所だから好都合だったんでしょうけど、床面もしっかり20mmほど上がってしまいました。
コ:そんなん、定規で測りでもせえへんかったら気い付かへんて。バッテリーの冷却管を苦労して取り回したり、見えない努力もしてるみたいやね。

せ:そのかいあって、ノーマルがもつ美点も変わることなく備わってるんですよ。広くてフラットになる荷室とか、チップアップできるリアシートとか。これがなきゃ、「フィット」で出した意味がない。
コ:肝心なのは、乗ってから。ホンマに“勝負グルマ”なんやったら、走りはノーマルと違ててもらわな!

2010年10月8日に発売された「フィットハイブリッド」。専用デザインのグリルや、クリアブルーのランプ類、メッキのリアガーニッシュがノーマル・フィットとの識別点だ。
2010年10月8日に発売された「フィットハイブリッド」。専用デザインのグリルや、クリアブルーのランプ類、メッキのリアガーニッシュがノーマル・フィットとの識別点だ。
インストゥルメントパネルの色がガンメタリックからシャンパンメタリックに変わる以外は、さほどノーマルと変わらない印象のインテリア。
インストゥルメントパネルの色がガンメタリックからシャンパンメタリックに変わる以外は、さほどノーマルと変わらない印象のインテリア。
照明をブルーからグリーンに変えることで“エコドライブ度”を知らせるメーター。右側には、ハイブリッドモデルならではのパワーメーターも備わる。ちなみに、ガソリンモデルのメーターはオレンジ色。
照明をブルーからグリーンに変えることで“エコドライブ度”を知らせるメーター。右側には、ハイブリッドモデルならではのパワーメーターも備わる。ちなみに、ガソリンモデルのメーターはオレンジ色。
背の高い荷物を積む際の「トールモード」(写真)など、多彩なシートアレンジが自慢の「ウルトラシート」は、ハイブリッドモデルにも継承される。
背の高い荷物を積む際の「トールモード」(写真)など、多彩なシートアレンジが自慢の「ウルトラシート」は、ハイブリッドモデルにも継承される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フィットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・フィットRS(FF/MT)【試乗記】 2013.11.13 試乗記 登場以来、好調な売れ行きが伝えられるホンダの人気コンパクトカー「フィット」。そのスポーティーモデル「RS」の走りをじっくりと検証した。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
ホームへ戻る