ホンダ・レジェンドに新開発の6段AT

2010.10.21 自動車ニュース

ホンダ、「レジェンド」に新開発の6段AT搭載

本田技研工業は2010年10月21日、上級サルーン「レジェンド」をマイナーチェンジし、発売した。

今回のマイナーチェンジで、「レジェンド」のトランスミッションは5段ATから新開発の6段ATに変更。加速性能を向上させるとともに、燃費性能を高めた(10・15モード:8.5→8.7km/リッター)。

また、ホイール内に中空構造のレゾネーター(消音装置)を組み込んだ「18インチノイズリデューシングアルミホイール」が採用された。これは高速道路のつなぎ目を越える際や荒れた路面を走行する際、タイヤ内部に発生する共鳴音を抑える効果があるという。

標準装備のカーナビは、ワンセグ対応からフルセグ対応へと進化し、地上デジタル放送を高画質で見られるようになった。

モデルバリエーションは、1グレードに集約され、価格は620万円。

(webCG 曽宮)

「ホンダ・レジェンド」
「ホンダ・レジェンド」

ホンダ・レジェンドに新開発の6段ATの画像
「18インチノイズリデューシングアルミホイール」
「18インチノイズリデューシングアルミホイール」
あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る